【酒とイタタ!】現実とドラマのイメージは大違い!伝説の千人斬りを取材してわかったホストクラブの魔力~その1~

【酒とイタタ!】現実とドラマのイメージは大違い!伝説の千人斬りを取材してわかったホストクラブの魔力~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

2018年1月頃、山﨑賢人さん主演のドラマ『トドメの接吻』が話題になりました。このドラマは、とにかく成り上りたいクズホストが、何回もキスで過去に戻って大金持ちのお嬢様を手に入れようと画策するストーリー。主人公の女性扱いのうまさに、多くの女性が「わたしもこんなことをされてみたい」と魅了されました。

『トドメの接吻』に限らず、大体ドラマや漫画に出てくるホストにいい人は1人もいません。好奇心でホストクラブに足を踏み入れたが最後、女心を知り尽くしたホストに自分でも気づかなかったような心のスキマを掌握され、普通のOLなのに大金を貢いで借金地獄になるようなイメージがありますよね。

果たして、フィクションのように普通の女性がなんとなく入ったホストクラブでホストにハマるという現象は起きるものなのでしょうか?実際に行って、確かめてみました。以下から、筆者がお客としてホストクラブを体験してわかった実態をお伝えします。

ドキドキしながら初入店したのに意外にも店内はガラガラ

まったくアポなしでお客としてホストクラブに潜入取材した件が数回、その後に伝説の千人切りホストへのアポ有り取材をした件が1回ございます。まずは初めてホストクラブにお客として行ってみた、潜入取材でのエピソードから。

同業女性と3名で、歌舞伎町のホストクラブに飛び込み取材をすることにした筆者。ホストクラブの初回料金(初回客は1名5~6000円程度の決まった金額で数時間飲み放題)を利用し、2軒以上のホストクラブに行ってみることにしました。

大箱の超有名ホストクラブと、小規模な無名ホストクラブの両方を試して、その内容を比較してみたい、というのが目的です。

しかしこの、ほとんどのホストクラブが設けている初回料金というシステムが、すでに妖しさ満点です。だって、ドラマやドキュメンタリーで出てくるお金の単位って、ウン十万、ウン百万、ウン千万円ですよね?

それだけのお金を数時間で引っ張れる実力も秘めた店舗が、数千円程度で「とにかく入ってみて~」と敷居を低くしているわけです。いかにも「1回来させればコッチの術中さ、フフフ……」と手をこまねいているように思えます。

「本物のホストってどんな風に接客するんだろう?本当にハマってしまうの?」と好奇心と恐怖にドキドキしながら、初めてのホストクラブに入店。

午後8時頃、新宿歌舞伎町の超有名店へ。メディアなどで見るそのお店は、過剰にゴージャスな内装の中、乙女ゲームキャラのようなイケメンホストがお客同士の嫉妬を煽りあって売り上げの天井を釣り上げていくという苛烈なイメージ。

しかし、平日午後8時台の店内はかなり静かというか、ぶっちゃけ閑散としていました。

お客は私たちグループの他に2組だけで、そのうち1組は我々と同じような初回料金と思しき2人組、ほか1組は、仕切られたVIP個室に女性客1名+ホスト1名が入っているようです。

初回料金のシステムとして、制限時間120分の間、店にいるあらゆるホストが15分交代で顔見世的な接客にやってきます。お客1人につき、常にホスト1名が隣に着席。筆者たちのグループは3名でしたから、120分の間に3人×8回循環、のべ24人のホストが接客に来たのです。

のべ24人と書いたのは、その時店内に24人以上のホストがいなかったのか、何名か同じ顔ぶれが2度回ってきたからです。

1 2
恋愛運 キャリア 結婚 アプリ 浮気事件簿 浮気 婚活 その1 金運 時短 不倫 美人探偵 貧困女子 運勢 恋愛 アラサー 恋愛講座 アラフォー 占い セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。