コラム 【酒とイタタ!】初対面で「素敵な人」と思わせる男性に要注意!実は危ない男性の見分け方&撃退法~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

12月から1月にかけては、飲み会やパーティーなどで新しい出会いが増える時期。にぎやかなお酒の席で素敵な男性と意気投合して、恋が始まることもありますよね。

しかし、女性の扱いに長けたスマートな男性ほど危険人物である可能性大!

今回は、優しく見えて実は危ないタイプの男性の見分け方と撃退法について、筆者が長い一人飲み歴で見聞きした実例をもとにお伝えしていきたいと思います。

実はワル男は女性をお姫様扱いしてくれる理想の王子様!?

まずは誠実な彼氏がいた時期に、彼氏の友人の既婚男性と不倫ラブアフェアに陥ってしまった経歴のあるユウちゃん(仮名・30代)に、悪い男の魅力を聞いてみました。

彼女は「私はどうしても悪いタイプの男性が好みなの……」と自嘲気味にカミングアウトするほど、ワル男が大好物。

「誠実な彼氏がいるのに、なんでそんな男と浮気しちゃうの!?」と理解に苦しんでいた当時の筆者にもユウちゃんの語るワル男の魅力については、「なるほど!」と納得してしまう部分もありました。以下にまとめます。

<ワル男の美点>

1:女性のいいところを見つけて、よくホメてくれる。

2:とてもマメで、メールの返信なども優しい言葉を忘れない。

3:いつも優しく、荷物を持ってくれたりごちそうしてくれたりと甲斐甲斐しい。

とにかく女性を気持ちよくする術に長けているのです。上記の美点だけ見れば、女性をお姫様扱いしてくれる、理想の王子様のようですよね?

しかしこの手の王子様には、ほとんどもれなく無類の女好きという欠点がついてきます。

複数の女性と関係しても罪悪感なく、むしろ楽しむタイプ。一度関係を持ってしまえば興味を無くしてポイするタイプもいれば、ズルズルと関係を引っ張り都合のいい時だけ女性を利用する、よりタチの悪いタイプもいます。

いつでも女性に優しくできるのは、本気で女性の人間性を考える必要がないからでしょう。彼らのゴールは女性と遊ぶことなので、2人の今後の関係を良くするために不満を話し合ったり、嫌な部分を見せたりする必要がないのです。

では、こういうタイプを早い段階で見分けるには、一体どうしたらいいのでしょうか?

1 2