コラム 【酒とイタタ!】男性からのプレゼント、その本意は?下心や恋愛感情の有無を確実に見分けるポイント~その1~

バーで男性から頂くプレゼントに「下心や恋愛感情があるかないか」を見分けるポイント

前述のようなバーでの男性からのプレゼントに、ほとんど下心や恋愛感情はありません。なぜなら、「自分の財布を開いて相手のために用意したもの」ではないから。「余裕のあるカッコイイ男と思われたい」というライトな虚栄心程度はあるかもしれませんが、こういう事をする男性たちは「そんな素振りを見せたらカッコ悪い」と思うタイプなので、たとえ高価なものをあげた相手にも恩を着せたりぜず、さらっとしています。

筆者の知る限りほとんどのバーに一定数「ライト虚栄心程度の爽やか親切オジサマ」が常連として居ついています。このタイプの方と出会ったら、素直にご厚意に甘えましょう。「わぁ!嬉しい!ありがとうございまーす!」と女性から言われるその瞬間が、シャイな彼らにとって、1つの楽しみなのだと思います。このタイプの男性は、たまたま持っている素敵なモノが1つしかなかった場合、女友達同士の二人連れ等には声をかけません。どちらにあげるのかがちょっと面倒ですよね?一人飲み女性だとその心配もないので、気軽に頂き物をする機会が、とても多いわけです。

さて、一人飲み女性はバーで貰い物が多い、特に年末年始は機会が増える、というヨモヤマ話はここまで。

後編では男性からのプレゼントに下心や恋愛感情がありそうな場合、もしくはその見極めが難しいケースについて、男性心理を考察します。~その2~に続きます。

わあ~サンタさんって、本当にいるんだ(バーに)!

その2~に続きます。

1 2

プロフィール

きたざわ御神酒

きたざわ おみき……テレビ、ラジオ、WEB、雑誌で執筆中の雑食系フリーライター。30歳で「バー・一人飲みデビュー」をし、以後、居住地の下北沢中心にあちこちのバーに出没。趣味は「知らない人と話すこと」。趣味が高じて、一瞬、バーの店長をやったことも。
時には夜から昼まで飲み続けたウン年間のバー生活?で学んだ「女子の一人飲みルール」的なお話から、「バーで出会ったトンデモキャラ」のネタ話など、働く女子のタメになったりならなかったり、まったくどうでもよく移動中に読み流したいお話まで、酒にまつわるいろんなエピソードを書いていきます。