【酒とイタタ!】もう「やってみたい」を諦めない!お酒で自分の願いを叶える方法を伝授します~その1~

【酒とイタタ!】もう「やってみたい」を諦めない!お酒で自分の願いを叶える方法を伝授します~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

新年を迎えましたね!みなさんの今年の抱負はなんですか?

抱負を行動に移すのは、意外とハードルが高いもの。「やってみたい」と以前から思いつつ、時間がとれない、機会に恵まれない、やり方がわからない、などの理由で叶えられなかったもの、いくつか思い浮かびませんか?

何かに興味を持っても、すぐに「やっぱり無理だ」と諦めるのはもうやめにしましょう。視野を広げるための小さな挑戦、実は一人飲みデビューをすると叶えられることが多いです!でも、一体どうすればいいのでしょうか?

今回は、飲みニュケーションの場からやってみたいレクリエーションを生む方法を、実例を交えつつご紹介します。

一人飲みの場は生き方ジャンルの違う人との出会いだらけ!

筆者は30代前半で一人飲みデビューして以来、その楽しさにハマって10年以上も一人飲み歴を更新し続けております。

公言しているため、「一人飲みの何がそんなに楽しいのか」と聞かれることが多いです。そのときはいつも「それまでの人生で出会わなかったジャンルの人との交わりを生む場だから」と答えています。

自分に合った居心地のいいお店を見つけられれば、そこを起点としてコミュニケーションの輪がぐんと広がります。そしてお店のお客同士として出会った人々には、上下関係も社会的なしがらみもありません。その日に隣に座った方と何気なく話をしたら意気投合、よくよく聞けばすごい人だった、なんてことも多々ありました。

1998年に大ヒットしたドラマ『ショムニ』で、ヒロインの決め台詞に「女の価値は男の数で決まるんだよ」というのがありました。この男の数というのは、男性経験の多さを指しているのではありません。何かのときに協力してくれる男友達の多さを指していたことが、作中で次第にわかります。

何かをしたいときや、ヘルプが欲しい局面で「いいよ、●●ちゃん!できることは協力する!」と駆けつけてくれる男性の数が、ヒロインにはものすごく多かったわけです。そうした多くの男性陣とヒロインをつなげた場が、飲みニュケーションなのです。

当時まだ一人飲みデビューしていなかった筆者は「こんなのフィクションだし」と斜に構えて観ていました。しかしその後、いざ一人飲みデビューしてみると「ドラマみたいなことが本当に起こるんだなぁ」という経験を何度も味わってきたのです。

共通点を見つければ生き方ジャンルの違う人と仲良くなれる

筆者は元々インドア派のオタク気質なので、一人飲みをはじめても最初はマスターや気の合う女性、オールマイティーに愛想のいい親切な男性としか会話しない状態。

しかし筆者が気に入っていたカジュアル・バーには、様々なジャンルの常連が遊びに来ていました。常連同士といえど、自分とは交わりのないタイプの人と遠目に見ていた人々が最初の頃はほとんどでした。

そんな状態を変化させたのは、ある映画の話題です。筆者が何気なくマスターに「『ホテル・ルワンダ』って映画に興味あるんだけど、見られる映画館が少ないし遠いんだよね」と話したところ、ふだんは会話したことのなかった常連男性が「マジで!?俺もその映画見たいと思ってたんだ」とノッてきたのです。

1 2
貧困女子 キャリア 不倫 アラサー 浮気 恋愛講座 金運 恋愛 運勢 婚活 アプリ 恋愛運 その1 アラフォー 時短 結婚 セカンド 浮気事件簿 美人探偵 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。