女子サウナーの心を掴む、絶対体験したいドバイのハマム

女子サウナーの心を掴む、絶対体験したいドバイのハマム

女子サウナーの皆さん、いい水風呂入ってますか?暑い夏こそサウナです。今回はイスラム圏でのハマムと呼ばれるサウナ浴について、ご紹介していきます。

イスラム圏のサウナ浴?ハマムとは?

Wikipediaによると、ハマムとはアラビア語の「熱する」「温める」という動詞「ハンマ」からきているそうで、トルコやアゼルバイジャン、アラブ諸国、イランなどの中東全域、アフガニスタン、中央アジア諸国、東アジア諸国に広く見られる伝統的な公衆浴場のこと。

「熱する」という単語に、サウナー的にはピンとくるものがありますね。早速、ドバイの5つ星ホテル「One & Only Royal Mirage Dubai」施設内にあるスパの「Oriental Hammam」の内容をチェックしてみます。ドバイはもともとは砂漠の国、そんな暑い場所にもサウナ浴の習慣があるのです。

アラビア文字がなんとも異国感。

まずはレセプションで受付をしたら、ロッカーに衣服と荷物を預けて紙パンツ1枚にバスローブを羽織ります。

紙パンツ1枚はちょっと……という方は、水着でも体験できますよ。

洞窟のような水風呂エリア

水温は16~18度くらいとみた。

こちらのスパの構造は、水風呂エリアを通った奥にハマム浴場が設置されていました。あとで、この水風呂に入るのか……ワクワクしながら水に触れたところ、水温はやや高め、16~18度くらいの印象です。

いよいよハマム浴へ

ハマム浴場は中心に施術スペースが置かれ、四方に個別ブースのような水道が付いた場所がありました。これは一体……?

ハマム浴場の中心にある、大理石スペース。

紙パンツ1枚にバスローブで棒立ちになっていると、髪をまとてめ黒Tシャツと腰にタオルを巻いた女子たちがやってきました。お客さんそれぞれに1人ずつ付くようです。

「マダーム」と個別ブース側に誘導され、バスローブを脱ぐように指示されます。

個別ブースのような水道。ここで体を洗われることになります。

ベンチに座らされたまま、まずはお湯を全身にかけられます。このブースは、体を洗う場所だったのです。両腕、脚、胸、おなか、背中側など「こっちに向けろ」というボディーランゲージで促されるまま、ひたすらお湯かけ。全身にお湯をかぶった後、「あの部屋に行け」と指示され小部屋に向かいます。そこがハマム浴のメインである場所でした。

小部屋の扉を開けると……熱波が!

日本やフィンランドのサウナとは異なり、こちらのサウナはミストサウナでした。高温というより、70度くらいのミストサウナで、身体を温めるというよりは、毛穴を開かせるような目的があるのでしょうか。この中で5分ほど汗を出した後は、再びブースでお湯を全身にかけられます。このお湯かけが、本当にタイの水かけ祭りか!?というくらい何度も行なわれます。

1 2
アラフォー 浮気 恋愛運 キャリア 時短 不倫 セカンド アラサー 運勢 金運 結婚 美人探偵 恋愛 占い 婚活 浮気事件簿 アプリ 貧困女子 その1 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。