コラム 【独男孝也の本音】花柄〇〇が正解! 男ウケがいいのは、ワンピではなかった!? ~その1~

どうも、藤島孝也です。
32歳、独身、現在彼女は募集中。

独男の本音を楽しんでもらえているのだろうか。オレのようなものがズケズケと女性を語るのはおこがましいのだが、今回も独断と偏見で語らせてもらうことにしよう。

さて前回は「お付き合いしたい女性かを見極める待ち合わせ場所」について書かせていただいたが、今回はその待ち合わせ場所での好感度をグンとあげる「服装」について話そうと思う。

実をいうと、この服装ネタは意外と男友達との間で話題になるもの。ファッションセンスは人によって異なるし、相手に求めるスタイルも人それぞれ。だからこそいいネタになるのだ。

今回の話は、オレの意見7割、一般男性の意見3割といったところだろうか……まあまた孝也がつぶやいているという気持ちで参考にしてほしい。

よく女性が愛読するようなハウツー本には、「初デートにはワンピースがいい」とか「初デートは清楚なスタイルで」という情報が書かれているが、実際はどうだろうか。

真奈美は入社試験を受けているときに出会った女性、いわゆる就活仲間だ。

「私、この会社で20社目。実はT社は大本命なんだけど、ここまで散々な結果だったから自信がなくなってきちゃって……。とりあえずここに落ちたら、業界を変えようかな~」

「広告業界は狭き門だからね。各社数名しか採用しないし本当に厳しいよね。でもオレなんてもう30社は受けているよ。お互い諦めずに納得いく会社に行こうよ。オレもここのT社はかなり本命だから、真奈美ちゃんと一緒に入社できたらいいな~」

彼女とはたまたまいくつかの入社試験で一緒になり、顔見知りになり、お互いの状況を報告し、励まし合う仲になったのだ。
そして彼女は無事にT社の内定をゲット。オレは残念ながらT社は落ちてしまったのだがオレの大本命のH社に受かることができ、お互い同時に念願の広告業界に就職ができ、就活を終了することができた。

「同じ会社じゃなくて本当に残念だったわ。でも同じ業界だし、横のつながりもあるだろうから仕事で会ったりするかもね。その時はよろしくね!!」

どんなに辛い時も彼女はいつも笑顔で優しい言葉をかけてくれるので、オレはすっかりファンになっていた。

就活で会うことが多かったので、彼女はいつも黒かチャコールグレーのスーツを着ていたが、企業によってインナーを買えたり、スカートやパンツを変えたり、就活スタイルでさえオシャレを楽しんでいたので、センスがいいことはわかった。またセミロングの髪はいつもこなれた感じで1つにまとめてあり、そのスタイルも心惹かれるものがあった。

683f75331239f620799b85700ebf0bdc_s

オシャレな人は、就活スーツでさえ素敵に見えてしまうが、それは自分が好感を持っている相手だからだろうか!?

彼女から内定の報告を受けた時、オレはこのまま縁が切れるのはもったいないと思ってしまった。同業界で働くわけだし、今後のためにももう少し彼女と親密になりたいと思った。

「もしよかったら、せっかく同時期に内定が決まったのだし、打ち上げに飲みに行かない?」

彼女は即OKの返事をくれた。この返信の早さから、少なくとも彼女はオレに多少好感を持ってくれていることがわかった。

「では、場所は表参道でいかが!? 私、気になるダイニングバーがあって、よかったら一緒に行ってみない?……じゃ、今週末に!」

彼女は積極的にプランを立ててくれた。デートというと普段は自分が積極的に誘うタイプだったので、こうやってリードしてくれることは珍しかった。そして意外と嫌いじゃないと思った。

話も合うし、仕事もできそうだし、気も使える、そのうえオシャレな女性とのデートとなれば、狙わないわけにはいかない(笑)。 

オレは期待に胸を膨らませて、待ち合わせ場所へと向かったのだ。

1 2