コラム 【独男孝也の本音】30代からが勝負! かわいい女とイタイ女の境界線 ~その2~

「孝也と会っていない間に私、相当いろいろあったよ~。29歳から2年くらい付き合っていた彼氏には浮気をされて別れてさ、その後付き合おうと思った男性は妻子持ちと判明。最近は仕事が忙しすぎて恋愛ご無沙汰。社内で私に声かけて来る人はだいたいが不倫目的だしさ……もう人を好きになることを忘れちゃったよ。

この前なんか女友達にも飲み会の時に軽く裏切られたりしてさ、正直他人を信じられなくなっているんだよね~」

昔から佑香の性格を知っているオレは、彼女に同情した。オレも似たような経験があるなと共感できる部分もあった(笑)。でも、これを最近出会った女性から聞いたら明らかにイタイ女だと思うだろう。

7:重い不幸自慢をする

過去の恋愛や恋愛体質について、不幸な話をするのはイタイ。ネタとしておもしろく話す程度であればまあセーフであろうが、それほど深い仲になる前に深刻に話すのは△である。過去のオトコ遍歴をどんどん話し出す女に、男は危険を感じてしまうものなのだ。自分のこともこうやってペラペラしゃべられるのではないかと……そう思うのだ。

もちろん恋愛ご無沙汰アピールも逆効果だ。恋愛迷子な女性ほど、気持ちが重いことはない。

8:仕事、趣味、友人関係…リア充をアピールする

仕事や趣味に一生懸命で、毎日楽しく生活ができていることはいいこと。30代にもなれば、こういった楽しみを見つけていることはとても素敵なことだ。しかしその話題は女子会のネタだ。恋愛の場でリア充をアピールされると男性は身を引く傾向にある。今がとても楽しそうな相手の生活に、あえて入っていこうとは思わないのだ。

オレはこのリストをあげて思った。正直言ってオレ自身が相当当てはまっていると(笑)。 

はっきり言ってオレはここであげたイタイ女性の気持ちがよくわかる。でも同情している場合ではない。これを続けていたら確実に恋愛のきっかけは逃げていくのだから。

このリスト、あなたはどう思うだろうか。オレの戯言ではあったが、少しでも参考にしてもらえたらうれしい。

1 2