【独男孝也の本音】男はこんなに考えていた! これがホワイトデーのお返しに込めた想いなのだ……~その1~

【独男孝也の本音】男はこんなに考えていた! これがホワイトデーのお返しに込めた想いなのだ……~その1~

藤島孝也、33歳。広告の仕事をしているオレは、仕事柄とても季節のイベントには敏感。バレンタインも例外ではなく、お菓子メーカーなどは2月14日に向けた大きなプロジェクトが展開されるし、お菓子メーカーに限らず2月に行なわれるのイベントはバレンタインを意識したものが急増するのだ。

仕事のことだけを考えれば、1年の中でもかなり盛り上がり、街中にハートがあふれ、何だか華やかになることは悪くない。日本の年中行事のひとつとして定着しているし、楽しみにしている人が多いことを考えるととても楽しいイベントなのだろう。

でも本音を言わせてもらうと、仕事柄、大きな声では言えないのだが、バレンタインは製菓会社の陰謀だと思ってしまう。

好きな子がいる女子や彼氏がいる女子にとっては楽しいイベントかもしれないけど、男性にとっては必ずしも全員がうれしいイベントだとは思っていない。少なくともオレはそう思う!

もちろん女の子からプレゼントをもらえることはうれしいのだが、なんだかそのプレゼントに意図があることを知ってしまうと面倒に思ってしまうのだ。

このチョコ、明らかにお返し目当てじゃないか!? 

グループが一緒だからとりあえず渡しておくね……的な

いいものあげているけど勘違いするな~的な……

いろいろ意味が込められていそうだし、このプレゼントに含まれる意味を読み取れという挑戦状的な雰囲気も、どうも苦手なのだ。

そして何よりお返しの商品を探すのが面倒。親しい子には食事に行ったときに奢るとかで済ませたりしているけど、とにかく気を使う。

もちろん、付き合っている彼女にプレゼントを用意することは楽しいことだが、それはホワイトデーでなくてもいいと思ってしまう。クリスマスで奮発しているのだからそれで十分ではないか!? とも思ってしまう(笑)。

こんなオレはやさぐれているのだろうか。 

そんなバレンタイン反対派のオレだったが、今年は意外にも悪くないバレンタインデーとなった! どんなバレンタインだったかって!?

d834bf8fa8695f359b883b57128440cc_s

意外と平日でも悪くない⁉ 始めて感じた今年のバレンタインだったが……。

1 2
恋愛 ダイエット 結婚 仕事 婚活 浮気事件簿 時短 美人探偵 占い iPhone レシピ 貧困女子 アプリ 派遣 派遣女子 金運 CITRUS デート アラフォー アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!