【独男孝也の本音】男はこんなに考えていた! これがホワイトデーのお返しに込めた想いなのだ……~その2~

【独男孝也の本音】男はこんなに考えていた! これがホワイトデーのお返しに込めた想いなのだ……~その2~

藤島孝也、33歳。広告代理店勤務。バレンタインを盛り上げる仕事もしている手前、大きな声ではいえないが、正直毎年のバレンタインデーは面倒なイベントだと思っていた(笑)。

しかし今年は意外と楽しいバレンタインだった気がする。オレも年を取ってしまったということか、女性からのプレゼントがこんなにうれしいと思えるなんて(笑)。結婚願望が芽生え始め、女性に対する意識も変わったのだろうか!? 

※意外と楽しかったバレンタインデーについてはその1をチェック

ただしやっぱりお返しのことを考えると荷が重い……いまどきバレンタインデーで本命を渡すなんて言う人はいないのだろうが、若干「コレ、気持ちこもってないか!?」というものももらってしまった。オレの思い過ごしかもしれないがそれなりのものを返さないと悪い気がするし、変に期待をされても困るわけなので、実に悩ましい。

さて、面倒なことは早く済ませるに限る! ということで、ホワイトデーのお返しについて、今回は早々に考えようと思う。

今回の収穫は8個。社内の明らかな義理チョコが2個、同期と同僚からのやや気持ちがこもった!?チョコが2個、取引先などからいただいたチョコが3個、そして一番衝撃的だった男性からのチョコが1個。

ちなみに取引先からのチョコはアソートタイプで、「みんなでどうぞ~」だったので、お返しをするかは悩むところであるが、オレは毎年個別に返している。「みんなでどうぞ~」タイプはお返しする派とスルーする派がいるようだが、お返しをした人は、その後の扱いがよくなり、男としての評価も上がるようだ。

ホワイトデーなんて面倒だと思っているオレだが、やはり適当には返せない。ホワイトデーは、男のセンスを問われるものなのだから。こういうところで頑張ってしまうオレって、やっぱりマジメか!?

基本的に明らかな義理チョコには、普段は買わないような高級ブランドのお菓子を返している。オレの中での定番お返しは、マカロンとチョコレート。チョコレートはドライフルーツにチョコレートがかかったものとか、苺が中に入ったチョコレートとか、見た目がおしゃれなものを選ぶようにしている。案外コレが評判がいい(と思っている)。

さらに女性ウケがいい「限定品」もねらい目だ。最近は『ゴディバ』などの高級チョコレートブランドでも期間限定でマカロンや焼き菓子を出しているので、よく利用させてもらっている。

「自分達が渡したものより明らかに安い物って、本当にがっかりだよね」
「気を使ってくれたのかもしれないけど、趣味でない小物は最悪」
「直前でコンビニとかで調達したものをもらったりするけど、残念な感じ」

昔、女友達がこんなことを言っていたのを思い出し、オレはそれ以来かなり気を使うようになってしまった。だからよけい面倒だと感じてしまうのだが……。

でも言わせてもらえば、お返しのセンスは紙一重なところがある。好意のある人からもらうものはセンスが悪くてもうれしいし、逆に全く好意のない人からはその品物がもろに評価される。その人の好みもかなり関係してくる。全く勝手な話だぜ!

さて、義理チョコはいいとして、問題は同期や同僚からもらったややランクが上のチョコに対するお返しと、おそらくご挨拶チョコであろう男性からのチョコ……。

亜美の手作りチョコには何を返すべきか。

佑香の『デルレイ』には何でお返しするべきか。

そして、仕事関係のご挨拶チョコには??

d728f651e83cdeca6159d95891caa9c4_s

「みんなでどうぞ~」のチョコにも個別返しがモテ男の基本!? なんてね……。

1 2
CITRUS レシピ アプリ 結婚 金運 時短 婚活 仕事 美人探偵 派遣女子 デート ダイエット iPhone 浮気事件簿 占い 恋愛 アラフォー 派遣 貧困女子 アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!