コラム 【もやもや】30歳過ぎて占いにすがる女は不幸?占いにハマる女の特徴とは~その2~

「私はもともと占いが好きなんですよ。スピリチュアルも大好きだし、占いは最高のエンタメだと思っています。だって、おもしろいじゃないですか。それっぽい恰好をして、なんにも情報がないところで、いろいろ言い当ててくれたり、水晶を覗き込んだり、カードをめくりながら思いを巡らせている雰囲気を醸すパフォーマンスをしてくれたり。しかも、言ってほしいことを言ってくれるわけで。最高のエンターテイメントですよ。

私が占いに行くのは、たいてい仕事か恋愛がうまくいっていないときですね。人生に疲れているときというか。今もそのタイミングで、そろそろ占いに行こうかなって思っています。

占い師さんを選ぶ方法は、完全に口コミです。占いに行きたいって言うと、どこからともなく友達から“あの占い師さんは最強らしいよ”っていう情報が届くんです。

その占い師さんが癒し系なのか叱って鼓舞してくれる系なのか、そこは事前にリサーチしておくのは重要です。愚痴って慰めて欲しいときに、ガンガン泣くほど叱られてさらにへこまされると、大失敗なので。

前に私が仕事でミスばっかりして八方ふさがりだったときに、守護霊が見えるという占い師さんを訪ねたんです。そしたら“あなたは人に迷惑をかけるのがお役目なのよ。迷惑をかけられて嬉しい人もいるのよ。その人たちのためにあなたは存在しているし、それはとても大切なことなのよ”と言われて、ほんっとうに救われました。

母親にそれを話したら“あんたはそんなことを言われるために3万円を払ったのか。バカなのか”って笑われましたけど、親が言ってくれないことを言ってくれるんですから、価値がありますよね。

先日、兄と兄嫁に確定申告の書類をつくる作業を手伝ってもらった……というか、私、ぜんぜん役に立たなくて、結局全部やってもらったんです。そのとき、兄に“お前って、本当にクズだよな”って言われたんです。でも、私は迷惑をかけるのがお役目だし……って思ったらぜんぜん平気で。そういう風に言う兄も、そういえばちょっと嬉しそうなんですよ。これは間違いない、私は兄に迷惑をかけるお役目……と思えました。言ったら兄に頭をはたかれましたけど(笑)」(フリーランスライター・34歳)

☆☆☆

何事も、ハマったほうがおもしろい。上っ面をなめるだけではわからない、奥深さに触れられるものです。占いも然り。「占いにハマっている人は幸せそうに見えない」なんて声もありますが、占いにハマっていなかったらもっと幸せだったなんで、誰が言えるでしょう。むしろ、占いにハマっていたからこそ、その程度の不運だったかもしれません。詐欺られたり、身を亡ぼすことがない限り、とことん楽しんでいいと思います。

とはいえ、占いしたくなるのは、心が病んでいて、藁にもすがりたい思いのとき。今年こそ、「占いしたいなんていう発想にすらなかなかった」というくらい、幸せでありたいものです。

心が病んでいるとき、筆者はネットでタロットカードと初心者向けタロットカード占い本を買いました。これは、他力本願ではなく「努力」と言えるのでしょうか……。

1 2