【もやもや】NGT48メンバー暴行事件は運営の責任?家の前で襲われる恐怖~その1~

【もやもや】NGT48メンバー暴行事件は運営の責任?家の前で襲われる恐怖~その1~

ご当地アイドルグループNGT48メンバーの山口真帆さんが、自宅のマンションで男ふたりから暴行を受けた事件が世間を騒がせています。

世界でいちばんリラックスできる場所にようやく帰ってきた――というときに、男に、しかも複数に襲われるなんて、こんな恐ろしいことはありません。「ニュースで知って、自分ちの目の前で腕をつかまれて口をふさがれたっていう状況を想像するだけで苦しくなって、山口さんがどんなに怖い思いをしたかと思うと……。その子のファンでもなんでもないし、なんなら顔もよくわからないけど、気の毒で泣けてくる」と、涙ぐみながら話す人もいました。

この事件は、山口さんの「事件から1か月経ったのに運営から何のフォローもない」というSNSでの告白から世間に知れ渡りました。そして、数日後に山口さんがライブで謝罪。「被害者がなんで謝らなければいけないのか」というところに端を発し、ネットが炎上。翌日には運営から報告が遅れたことの謝罪と対策として「防犯ブザーを配布することにした」という報告がされました。しかし、それが燃料投下となって、さらなる大炎上に。火消しとなるべく発表されたのが、事件後の運営の対応の悪さの張本人としてやり玉に挙げられていた劇場支配人の解任でした。劇場支配人の解任を求めて署名した方々は溜飲が下がる思いかもしれません。でも、なんだかもやもやが消えません。

今回、人気アイドルで発言力がある指原莉乃さんが運営批判の先陣を切ったこともあり、この事件のもっとも大きな問題は運営、つまり一般的な話でいうところの会社の対応という流れができました。そして、あちこちから「運営側はメンバーを守る義務がある」という声があがり、そうだ、その通りだと同調する人が圧倒的でした。

これは一般的な話でいうと、「会社は社員を守る義務がある」ということです。これについては、筆者も納得です。義務があるかどうかは別として、自分が所属している場所は信頼したいし、守ってほしいと思います。でも今回なぜか、社員を守る義務というのが、社員の安全を守る義務と捉えられているような気がします。運営側が提示した「防犯ブザーの配布」というのも、そこに起因するのではないでしょうか。

社員を守るために、夜道は危険だからひとりひとりに防犯ブザーを配布するって……小学生かよ、いや、小学生がランドセルの側面に取り付けている引き抜き式の防犯ブザーは、存在だけでも抑止力になるので必要だと思っています。思ってはいますが、今回のケースで会社が社員を守るって、そこ?そういうことなの? ともやもやするのです。

そうではなくて、(たぶん)会社の利益のために、社員が被害にあったことをなかったことにしようとした(のではないか)ということに、社員を守る義務を怠った感を抱いたのですがどうでしょうか。

会社側の危機管理能力は大丈夫なの!?

1 2
結婚 時短 金運 美人探偵 セカンド アプリ 婚活 恋愛運 運勢 恋愛 その1 キャリア 不倫 貧困女子 占い 浮気 アラサー 恋愛講座 浮気事件簿 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。