コラム 【もやもや】篠田麻里子の結婚が幸せそうで羨ましい…交際0日婚のメリットは年齢が上ほど享受できる?~その1~

元AKBの篠田麻里子さんが3歳年下の男性と結婚。自身のインスタグラムで旦那様のお写真も公開し、祝福の的となっています。篠田さんは現在32歳のアラサー、同世代の婚活女子たちからも「幸せそうで羨ましい」との声が上がっています。

写真に添えられた文章も、婚活女子の胸を打ち抜きました。旦那様は「とても優しく、思いやりがある」そうで、「自分が素でいられるとても大きな存在」であり、結婚するイメージが持てなかったという篠田さんが「一生一緒にいたいと心から思えた方」だそう。「何より、相手のことをそう言えることが素晴らしい」「そういう相手に出会えたということが羨ましい」なのです。「結婚するイメージが持てなかったということは、結婚する気持ちがそれほど強くなかったということ。そんな中で、一生一緒にいたいと思える人と出会えたから結婚を選ぶ、というところがいい。結婚って本来、そういうものだと思うから」という人もいました。篠田さんの結婚は、とにかく結婚したい、結婚したいから相手探しに躍起になってしまうという婚活女子とは真逆のアプローチからの結婚です。その事実に「そもそも自分の発想がおかしいのではないか」と信じて頼ってきた婚活の意義すらも揺らいでしまうのです。

そして、篠田さんの結婚について、話題になっていることのひとつが「交際0日婚」です。

ご本人のラジオでのコメントによると、通っている整体師の方から旦那様の話を聞き、1度4人で、次に大勢で会って、2人で出かけた日にプロポーズされ、受け入れたとのこと。とはいっても即日に結婚したわけではなく、3か月ほど交際していたのだそう。第1報では、2回会っただけの交際0日婚とあったので、「たった2回会っただけで結婚相手を決められるものなのか」「いや、仕事関係者でもない人と、予定を合わせて4か月に2回も会えるっていうこと自体が奇跡。運命を感じて当然」などと湧きましたが、言ってみれば、共通の知り合いが多い2人が結婚を前提に付き合って結婚したという、わりかし普通のケースといえます。

しかし、その「普通」がなかなかできないのが婚活迷走女子であり、「一生一緒にいたい」と心から思える人が見つからないのが筋金入りの婚活女子なのです。

ポイントは、篠田さんの書いていた通り、「結婚のイメージが持てるかもてないか」なのでしょう。

40代以上は「交際0日婚」が案外いいんじゃないか?

1 2