コラム 【もやもや】近藤サトのグレイヘアはすてきだけど…いつまでも若髪にこだわる女は痛い女なの?~その2~

近藤サトさんのグレイヘアから、白髪と白髪染めと自然体と若作りについて考えている今週の「女のもやもやセラピー」。その2では、あずき総研が30代、40代の働く女性に聞いた「老いと白髪」について紹介します。

グレイヘアって「白髪を生かしたおしゃれなヘア」ってこと。白髪を放置してるってのとはぜんぜん違いますよね?~その1~はこちら

☆☆☆

「仕事関係者の方で、40代後半だと思うのですが、まばらに白髪が生えている白髪が目立つ女性がいるんです。服装もおしゃれだし、かわいいし、職場の若い男性とも同世代の人とも、おじさま方とも仲良しで。なんていうか、キラキラ、キャピキャピしているんです。ずっと私、その人の白髪が気になっていたんですけど、なにかこだわりとかポリシーとか、たとえば“私は若い娘たちとは違うところで生きていますんで”的な、大人の女性ですよ的な主張?とかがあるのかな、って思っていたんですよね。

でも、ある日、仕事がテンパってしまって、ふたりだけで籠って作業をしていたとき、その人がイライラした声で“もう、やだ!髪染める時間ないとか、ありえなくない?”って。毎日朝から終電がなくなっちゃうくらいまで毎日仕事して、休日にも撮影の立ち合いが入って……って、寝る暇もないくらい多忙で、単に髪を染める時間がなかっただけだったんです。聞けば、セルフで染めようとしたら、そのまま寝落ちしちゃって、高級革の白いソファを白髪染めまみれにしちゃったことがあって、二度とセルフはしないって思ったんだそうです。

なんか、私よりひと周りくらい年上なのに、まだそんなに働いていたんだ……って思ったら気の毒になったし、染めたかったのに染められなかっただけなんだな……って思いました。そしてますます好感が持てました。ずっと女子なんだなって。女の土俵から降りる気がない大人の女性ってかわいらしいと思います」(広告会社勤務・32歳)

「近藤サトさんのグレイヘアは素敵だと思います。なんか、50歳近い女性が、アンチエイジングに躍起になっているのって、私は正直痛いと思うし、張り合われているみたいで萎縮しちゃいます。中年は中年らしくしていればいいんじゃないでしょうか。健康で若々しく長生きするのはけっこうですが、大人の女性の方々には、満開の花のような美しさじゃなく、枯れた美しさを追及してほしいです」(不動産会社勤務・29歳)

薄毛、ツヤの減少……白髪以外にも加齢によるヘアダメージが

1 2