【もやもや】あなたはどっち重視?アラサー女子の仕事・年収とクオリティーオブライフのギャップ~その1~

【もやもや】あなたはどっち重視?アラサー女子の仕事・年収とクオリティーオブライフのギャップ~その1~

筆者の知人にも、体半分に帯状疱疹が出て、乳首がただれ、めまいと頭痛が頻繁におこっても「なんか最近きついんだよね……」と言いながら仕事を続け、病院でメニエール病と診断されてようやく、「このままだと死ぬか精神がおかしくなるかもしれない」と判断して転職した人がいます。

別の知人は定期健康診断で、胃にあいた5つの穴が修復されていることが発覚。「そういえば、激務が続いた時期、歩けないほど胃が痛かった時期が半年くらいあったのよね」と苦笑いしていましたが、その笑顔には「大変だったけどやり切った自分」への満足感も見てとれました。しかし、生きているから笑えるし、こちらも大変だったね~と言えますが、歩けないほど胃が痛い最中に、倒れてどこかに頭をぶつけて……なんてことだってありえるわけで。辛いことなんで、なければないほうがいいのです。そのためには、体に限界が来る前に、「あ、もうそろそろ休まないとまずいな」という線引きができるようになる必要があるのではと思います。後者の彼女の場合は限界をも超えてしまったわけですが、誰でもがそんなことができるわけではないし、しなくてもいいし。

では、「頑張ると休むの境界線」はどこで判断すればいいでしょうか。何度も言いますが“倒れたら”や、“精神や体に異常をきたしたら”では遅いというルールにします。指針のひとつとして、“幸せそうに見える同世代は、どんな感じで生きているのか”っていうのがあるのではないでしょうか。

人と比べてもしょうがないという意見は多いです。確かにどんなに幸せな人がいたからといって、同じことが自分にできるわけではありませんし、むしろ羨ましくなって辛い、という考えもあります。とはいえ、「私、こんなに一生懸命働いていてるけど、けっこう辛いし、たまに泣きたくなっちゃうんですけど、これが仕事ってもんなんですかね?普通なんですかね?」っていうときには、「私もそうだよー」という共感よりも、「そんなに頑張らなくても大丈夫じゃないですかね~。私はこんな感じですよ~」というチョウチョのような人の生態を知りたくはないでしょうか。筆者は知りたいです。そのうえで、価値観が違うと判断できれば頑張れるかもしれないし、行こうと思えばそっち側にいつでもいけると思えば勇気になるし、なんなら、そっち側の人になってもいい。

ということで、その2ではアラサー独身女子たちの仕事観、年収、クオリティーオブライフについて、ズバリ聞いてみました。~その2~に続きます。

仲良しだからってなんでもかんでも共有できるわけではない。

1 2
婚活 アラサー アラフォー 恋愛 占い キャリア 不倫 その1 貧困女子 運勢 時短 浮気事件簿 浮気 美人探偵 恋愛運 セカンド アプリ 金運 結婚 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。