コラム 【もやもや】南海キャンディーズ山ちゃんの結婚が羨ましい!蒼井優のモテ女子テクに学ぶべきこと~その1~

記者会見も女冥利に尽きるとしか言いようのないほどの羨ましさでした。山里さん、蒼井さんを褒める褒める、そして庇う。「僕はみなさんが知らない彼女を知っている。純粋で笑うときにはコロコロ笑って、泣くときには思い切り泣いてっていう。魔性から発生する心配は一切ないです」と言ったときの山里さんは本当にカッコよく、「もらい泣きしそうになった」という女子も。蒼井さんが「私を好きになってくれる男気、心強さってこういうことなんだなと思った」と言っていましたが、「こんな素敵な人はいない、悪いところ、直して欲しいところは一個もない」と全肯定してくれる人と結婚できるなんて、これ以上幸せなことってないんじゃないでしょうか。

一方、記者会見は愛される女のテクニックの宝庫でもありました。山里さんは、緊張感を忘れるほどに気さくに接してくれ、「こんなに楽しい時間ってない」と言ってコロコロ笑う蒼井さんに、そして、しずちゃんから「優ちゃんがこんな風に山ちゃんのこと褒めていたよ」などと何度も聞くことで、もしかして蒼井さんは自分のことを好きなんじゃないかと思い始め、ある程度の確信を得たところで告白に踏み切ったのだそうです。かなり直接的な好意のアピールです。蒼井さんは「自分が好きになっても、相手から言ってもらえないと自分から踏み出せないタイプ」と言っていたので、もしかしたら無意識なのかもしれませんが(そこが魔性)、学ばない手はありません。

また、付き合う前一緒に飲んでた時に、終電間際になると荷物をまとめだし、ささっと帰る後ろ姿にキュンとしたというエピソードも使えそうです。

婚約指輪をお断りした際の理由が「そのお金で、ふたりの思い出をつくりたい」というのは、まぁ、ありがちですが、そこで「山里さんが行きたいところに一緒に旅行して、楽しんでいる姿を見たい」というのが、蒼井優さん的モテテクといえるのではと思いました。手料理を振る舞うときにも「和・洋・中……今の気分は?」とジャンルから聞くそうですが、そうなんです、蒼井さんって男性が「俺の気持ちを尊重してくれてる」って思える言動が自然にできてしまうようなんです。こりゃモテるに決まっているわなと思いました。

記者発表では、記者の人から山里さんの見た目について蒼井さんに質問が出たのですが、そのときの答えがまた絶妙。ニコニコとしながら、「眼鏡を変えるとカッコよく見える……」です。山里さんも嬉しかったでしょうが、見てるこっちまでほっこり。幸せな気分になりました。これも魔性のなせる業でしょう。いい意味で。そして、どんどん「お似合いのふたりだなぁ」と思わせる雰囲気を作っていくのです。もはや天才!「なんで山ちゃん(なんか)と」ともやもやしていた人までをも「こういう結婚もアリだなぁ」という気分に変えていく蒼井さんの魔力に包まれつつ、その2では蒼井さん、山ちゃんの結婚を踏まえ、結婚したい気持ちのある未婚女性のみなさんにあずき総研が聞いた「改めて考えた結婚の決め手」について紹介します。~その2~に続きます。

どんな家庭を築きたいですかという記者からの質問に「(蒼井さんに)ずーっと笑ってもらえるように頑張りたい」という言葉もいいなぁと思った次第。

1 2