【もやもや】30代女性の自撮り加工は罪ですか?SNSやマッチングアプリで許される自撮りはどれくらい?~その1~

【もやもや】30代女性の自撮り加工は罪ですか?SNSやマッチングアプリで許される自撮りはどれくらい?~その1~

皆さん、自撮りしてますか?加工はどの程度やっていますか?今週の女のもやもやセラピーのテーマは、30代女性の自撮り加工について。加工した自撮り画像を、あたかもありのままの自分のていでSNSにアップするのは罪なのか?というもやもやです。

ある女性がTwitterで、本人曰くのドールチックな大幅加工自撮りと普通自撮り写真を並べ、「本当の顔を偽り、今まで騙していました。ごめんなさい」とツイート。それに対して「正直でいい」「リアルも美人」といった、肯定的なコメントが連なっていました。このツイート自体の真偽、つまり、そのご本人が本当にその写真の「実物」とある女性なのかどうか、その写真は本当にゼロ加工なのかということは置いておいて、令和の今、自撮り加工は肯定の域に到達しているようです。

現在の30代女性は、2000年前後のプリクラ全盛期から、かわいい自分の写真を撮ることに全霊をかけてきた女子たちです。令和のティーンには“しゃるん”と言われているらしい「写ルンです」でグループ写真を撮るときだって、みんなよりちょっと後ろに下がったり、ほっぺの横やアゴの前でピースサインをしたりして小顔効果を狙ったり。はたまた自信のある側からしか撮らせなかったり、逆にヘン顔して崩してみたりと、とにかく「実際会ったらかわいいであろう」雰囲気作りにめちゃめちゃ気を遣ってきた世代といえます。

ケータイのインカメラで撮った写真をスタンプでデコるのも「普通」でしたから、スマホの普及でさらに自撮りしやすくなったと同時に、神的加工アプリがじゃんじゃんでてくるんですから、「写真になると急にブスになっちゃう」といういわゆる写真写りが悪い系の女子からしたら、使わない手はありません。加工アプリ初期時代は、不器用さんだったり、やりすぎてしまうと、背景に時空の歪みがうまれてしまったり、本人がおかしな生き物になってしまったりということも少なくありませんでしたが、進化改良著しく、ナチュラルな盛りも自由自在。「加工までが自撮り」という感覚も、世代的にすんなりと受け入れられるのでしょう。

だって、かわいくなるんだもん

1 2
占い 恋愛 金運 恋愛運 アラフォー 貧困女子 不倫 キャリア 時短 結婚 浮気事件簿 その1 アラサー 美人探偵 セカンド 恋愛講座 婚活 アプリ 浮気 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。