【もやもや】使いかけの口紅だって高級ブランドなら買う!売れる!30~40代のフリマアプリ利用事情~その1~

【もやもや】使いかけの口紅だって高級ブランドなら買う!売れる!30~40代のフリマアプリ利用事情~その1~

欲しいものが簡単に安く手に入る手段のひとつとして、当然の存在となっているフリマアプリ。今、もっとも30代女性に利用されている「メルカリ」の配信サービスが始まったのが2013年の7月ですが、その1年前、2012年の7月には、女子のためのフリマアプリとして「フリル(現ラクマ)」が登場。ファッション雑誌などの人気読者モデルがこぞって使い、それが宣伝にも繋がって爆発的にヒットし、「フリマアプリは、5年くらい前から“普通”に使っている」と振り返る人が多いです。これって、つまりフリマアプリの黎明期からということにほかなりません。

「フリル」では、主に20~30代のファッションアイテムが個人売買されていました。新品タグ付きの未使用品や、1~2回程度着用した程度の美品が定価の半額程度で買えたのは、読者モデルがファッションブランドの展示会で70%引きで購入したものだったり、人気アパレルブランドのスタッフが月のノルマで社販で買って着ないままのものだったり、タレント活動をしていて常に新しい服を着る必要のあった女の子たちが売り手に多くいたからと言われています。まさに、同世代の「欲しい」が安く手に入ったのです。

その頃、ひとり暮らしの働く20代女性のお宅に部屋の片づけ取材で尋ねたとき、肩掛けできる大型のショッパー3つに、タグ付きの服や靴がぎゅうぎゅうに詰め込まれていました。聞くと、「週末に少しずつフリマアプリに出品する」とのこと。彼女の場合は月に10着くらい売り、3万円~5万円程度になるといっていました。

当時、マルシェや野外フリーマーケットも流行っていましたが、出店はタグをつけたりなど準備が大変なわりに、1日がかりで売っても、半分以上を持ち帰るなんてこともザラです。イベントとして楽しむ分にはとてもいいですが、収入面でおいしいかと言うとそうでもありません。スマホをポチポチとするだけで、あとは放置しておいて、売れたら対応すればいいというのは、忙しく働く女性にとっては便利極まりないですし、そのうえ、コンスタントに3~5万円になるのですから、利用する人が増えるのも当然です。

せっかく買ったのだから、自分で着ればいいのにと言ったら「置いておくだけでじゃまだし、サンプルセールのときに試着しないで買っちゃったから、実際着たら似合わなかったり、そもそも着られない服もある」と笑っていました。お店で売っているレベルの品が半額以下……そんなお宝が、「フリル」にはたくさん登場したのです。

2012年は震災の翌年ということもあり、消費に関して、直接的被害には合わなかった働く30~40代にも心理的に大きな影響がありました。浮かれずに地に足がついた生活をすべき、享楽的に散財せず安く買い物がしたいという気持ちもフリマアプリのヒットに関係があるでしょう。また、絆について考えさせられることも多かった時代。会ったこともない、見ず知らずの人とやりとりをして、その人からものを受け継ぐという行為に対して、暖かみや幸せを味わいやすかったというのもあるでしょう。

取り巻く状況がどんどん変わる、フリマアプリ業界

1 2
恋愛講座 婚活 アプリ その1 結婚 キャリア アラフォー 貧困女子 時短 占い 恋愛 アラサー 浮気事件簿 不倫 セカンド 金運 美人探偵 恋愛運 浮気 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。