【もやもや】吉本興業・岡本社長の「恫喝は冗談のつもり」発言にパワハラ上司あるあるを感じた、働く30代40代のリアルな反応~その1~

【もやもや】吉本興業・岡本社長の「恫喝は冗談のつもり」発言にパワハラ上司あるあるを感じた、働く30代40代のリアルな反応~その1~

反社会的勢力とお笑い芸人さんの黒い関係という話から、所属タレントさんたちの労働環境問題の話に変貌を遂げている吉本興業騒動。同時期に令和最初の参院選がありましたが、世間の注目は断然吉本騒動で、連日ネットで話題になっています。「事件はリアルタイムで進行中」というコピーのもと、2003年に日本でも大ヒットした『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)という海外ドラマがありましたが、今回の騒動も、何をどうピックアップしていいのかわからないほど情報が盛りだくさん。「結局何の話なんだっけ?」という気持ちになっている人も少なくないようです。自体はリアルタイムで進行しているのです。そして、登場人物が全員芸人さんという文字通り芸達者なわけで、誤解を恐れずに言えば、選挙戦“なんか”よりよっぽど「おもしろい」ことには間違いありません。

現状で最も注目を浴びているのが、極楽とんぼの加藤浩次さんが、宮迫博之さんと田村亮さんの合同謝罪会見を受け、「吉本の社長・会長が辞めないなら自分が辞める」と発言したことからの顛末です。その発言後、吉本興業の社長が会見で、自身と会長が責任を取って1年50%の減俸、つまり辞めないことを宣言。見ていた多くの人は、「じゃあ、加藤さんは辞めるんだな……」と確信したのですが、直接社長と会談をもったうえで現在は保留とのこと。「有言実行じゃないじゃん。潔く辞めなよ」という意見は少なく、応援の声とともに事態を見守っているという人が圧倒的です。まさに「静観」です。

大きく世論の潮流が変わったのは、やはり宮迫さんと亮さんの記者会見が完璧だったからでしょう。実は筆者もそうなんですが、最初は「神妙な顔して、やつれたたメイクして、ちょっと笑ってしまった」とツイートして炎上を巻き起こしたZOZOの前澤社長のように、「会見で何かおもしろいことが起こるに違いない」と前のめりに見ていた人だったと思うんです。おもしろいというのは、ゲラゲラ笑うということではなく、興味深いという意味です。

実際、記者からの「不倫騒動のときにはオフホワイトと表現していましたが、今の色を例えるなら」という質問は、これまた失礼だと大炎上していましたが、筆者はこういうスパイスもなくっちゃね、と思ってしまったタイプでした。そして、それを怒らずに笑わずに(当然ですが)うまくかわす宮迫さんに、さすがと思ってしまったのです。これも見せ場のひとつといえるのではないでしょうか。

あの会見から流れが変わった

1 2
時短 その1 浮気事件簿 美人探偵 アプリ 恋愛運 結婚 金運 恋愛講座 恋愛 セカンド 運勢 アラフォー 貧困女子 不倫 浮気 アラサー 婚活 キャリア 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。