コラム 【もやもや】原価とカロリーを知って脱落者続出?タピオカミルクティーブームはいつまで続くのか~その1~

「タピる」なんていう新語さえ生み出すほど大ブームを巻き起こしているタピオカミルクティー。甘くてかわいくてインスタ映えも抜群。質や味、映えにこだわったおしゃれな専門店がどんどん増え、さらに抹茶やマンゴー、ストロベリーといった、色のきれいな味のバリエーションも続々登場して飽きも来ない。女子の大好物要素だけで作られているといっても過言ではないタピオカミルクティーが流行ったのは、納得です。ちなみに、現在「#タピオカ」とつけられたインスタの投稿は1,585,029件あります。たいがいがお店のロゴなどを背景に、タピオカミルクティーの透明プラカップを持ったきれいにネイルした手、という構図。タピオカミルクティー本体だけでなく、自分の手元込みでインスタ映えを仕込むのです。

しかし、社会現象になるほどまできた今、ちょっと冷静になって「こんなに流行るほどのものか?」「さすがに流行りすぎでは?」という疑問を感じる女子も、ちらほらでてきた様子。「『月曜から夜更かし』でタピオカミルクティーの原価は60円って言ってて。行列並んで、600円とか払って喜んでる自分がちょっとバカだと思ったし、お金がもったいないって思っちゃった」「タピオカミルクティー1杯で400~600kclって聞いて、チーンって。確かに甘いけど、紅茶なのにそんなに?って思って。週に3回は飲んでたし、1日2杯飲んだ日もあったけど、このまま飲み続けたらデブ確実だと思って控えるようになりました」といった意見も出てきています。

節約やカロリーのことを気にしてたら、スイーツブームになんて乗れません。そして、ひとたび冷静になってしまったら、ブームの中で踊り、熱狂することはできないのです。そろそろタピオカミルクティーブームも終焉に向かっているということでしょうか。

猫も杓子も「タピオカ始めました」

1 2