【もやもや】 「結婚式に行きたくない/行かない」はもはや普通の感覚?30代40代に地味婚・ナシ婚が流行る理由~その1~

【もやもや】 「結婚式に行きたくない/行かない」はもはや普通の感覚?30代40代に地味婚・ナシ婚が流行る理由~その1~

日本の結婚式のマナーとして「結婚式の際には、事前に出欠を確認したうえで招待状を送る」というものがあり、勝手に招待状を送って別の予定があるなどで断られた場合には「ひどい」「冷たい」と言うのはお門違いと言わざるを得ません。反面、一般的に「結婚式は呼ばれたら出席すべきもの」という考えも根付いています。ですから、招待側が「事前確認は怠ったものの、呼ばれたら来るものでしょ」という発想になるのもわかります。また、当然出席してくれると思っていた人から難色を示されれば、ハッピーな結婚気分に水を差されたようで傷つくし、相手が自分のことが嫌いなのではという不信感が生まれることもあるでしょう。

「相手が誰であれ、結婚式そのものが嫌いなのだ」と言われても、自分の時だけはそんなことを言わずにいて欲しいと思ってしまいます。友人の結婚式となれば当然のように出席し、祝ってきた人ほど、結婚式が好きとか嫌いとかいう感覚がわからないし、なぜ断られるのかと思ってしまうのです。

とくに「自分は呼んどいて断るなんて」という場合は、もっとも招待した側にダメージを与えるケースです。もちろん、断る側にもさまざまな事情はあるでしょうが、実際に「結婚式が嫌いだから」「行きたくないんだから無理して行かなくてよくない?」と公言する人がいるわけですから、なんだか悲しい……。そんな友人の状況をちょいちょい目の当たりにすると、まだ自分には結婚の話がでていない独身30代40代も、「結婚式はめんどくさい」「自分も結婚式はしなくてもいいかな」という気持ちに傾いていきます。これも、地味婚・ナシ婚が正義という風潮に繋がっているように感じます。また、「10代20代のころはパーティーとかイベントが大好きで、自分の結婚式はクラブでやりたい!とか夢ふくらませていたけれど、35歳も目前にして、もうなんか、そういうのに行く気力も自分の結婚式をプランする気力もなくなった」「お祝いしてくれるっていう友達がいたなら、それぞれと個別にお食事とかをするだけでいい」という人もいます。情熱をもって婚活をしている人でも、です。

ひと昔前は、女子の間に結婚したい=結婚式、つまり、ウェディングドレスを着たい、だから結婚に憧れるというような状況が確実にありました。だからこそ、結婚は憧れだけだと無理だよ、というような話がたびたび持ち上あがったのです。しかし、その一方で、結婚に憧れる女性がいるということも理解できました。だって、ウェディングドレスは素敵ですから。着たいじゃないですか。でも、現在は、結婚≠結婚式という人が多いらしい。

これからさらに「結婚式はしないし、行かないし、そもそも嫌い」という人が増えていくのでしょうか。結婚式が離婚の抑止力になると言われることもありますが、もう、みんなにお祝いしてもらって、楽しい時間を過ごすなんていう風習は必要ないのかな。その2では、あずき総研で独身30代40代に聞いた結婚式観を紹介します。~その2~に続きます。

友人の披露宴出席のご祝儀の相場は3万円。立て続くと辛いという問題もあります。

1 2
貧困女子 不倫 美人探偵 アラサー 時短 キャリア 浮気 セカンド 恋愛講座 恋愛 浮気事件簿 金運 恋愛運 結婚 その1 占い 運勢 アラフォー アプリ 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。