コラム 【もやもや】剛力彩芽が破局って…恥ずかしくないの?SNSでカップル公表するメリットとデメリット~その1~

女優の剛力彩芽さんとZOZOの元社長・前澤友作さんの破局が週刊誌で報じられ、ネットでは「あらまぁ」という雰囲気が漂っています。真相は定かでなく、新会社を設立した前澤さんはSNSに「あることないこと……」などと書いていたり、破局報道後、初めて投稿した剛力さんのインスタストーリーには、「何気ない毎日を大切な人と過ごせるってとてもたいせつなこと 当たり前のようで当たり前じゃないそんな日々に感謝です」と、交際が継続しているようにも読めることが書いてあったり。もしかしたらただの痴話げんかくらいはしていたとしても、すでにヨリを戻しているのかもしれません。

でも、その週刊誌の記事の中に、剛力さんは交際宣言後、みるみる仕事がなくなりって事務所から給料制が維持できないと言われたというくだりがあることを受けて「(自分の)金の切れ目が縁の切れ目ってことじゃない?」「女優業を続けたいくらい、相手の男に魅力がなかったってことでしょう?」などなど、破局説を取っている人が多いです。そして、そういう人たちは、基本的に「別れてよかったんじゃないか」という気持ちになっている人が圧倒的。もともと剛力さんのファンは男性が多いですが、「交際したことで露出が少なくなって、彩芽ちゃんを見る機会が激減してて寂しかったけど、またテレビに戻ってくると思うと嬉しい。きっと事務所の頑張りで、次のクールの金曜10時くらいのドラマにねじ込まれたりするに違いないし、恋を経て、また魅力が増した新しい彩芽ちゃんを見られるってのもファン冥利につきる」と力説していた40代男性もいました。ですが、その一方で「交際宣言して、SNSでラブラブアピールをやたらしておいて、しかもそれがちょっとバカップルぽい感じで……。それで別れちゃいましたっていう状況って、本人恥ずかしくないのかなぁ」ともやもやしている人が少なくありません。

黒歴史になるかもしれないという意識を

1 2

Ranking

Information