コラム 【もやもや】大好きな200万男より、好きでもない1憶男と結婚したほうが幸せ?デヴィ夫人の婚活論に独身アラサー女子が賛否~その1~

「愛はお金で買える」というデヴィ夫人の婚活論が、ネットで話題になっています。「大好きだけど年収200万円の男性と年収1憶円の男性なら、断然後者と結婚したほうがいい」。なぜなら「どんなに好きでも年収が低い男性と結婚すれば、しだいに相手に対して尊敬や信頼がもてなくなる」から。国賓だったスカルノ元大統領の接待を命じられた際に見初められ、第3夫人となった人の言葉には、実績を伴う説得力があります。ご本人とて、第1夫人や第2夫人の方々との軋轢はあったでしょうし、そもそも異国で暮らすのです。文化へのとまどいだってあったでしょう。波乱に満ちた半生を送ってきてもなお、「好きでなくても、その男性に甲斐性があれば愛せる」と断言できるのはさすがです。

とはいえ、庶民の私たちも理解はしています。シンデレラとその継母娘たちがお城のパーティーに行きたかったのも、シンデレラが落としたガラスの靴を村中の娘たちが試し履きしたのも、人柄などはほぼ知らないけど、国いちばんのお金持ちである“王子様”と結婚したかったからだし、かぐや姫に求婚した貴族たちは自分がお金持ちだから結婚してもらえると思っていたわけで。そういった話を子供のころから読んでいれば、幸せな結婚=お金持ちという擦り込みはじわじわとされていくものです。もちろん、貧乏でも幸せな結婚はありますが、やはりそこには“でも”という逆接の接続詞がついてしまう。ということは、貧乏そのものは幸せじゃないんです。

20代の女性で「大好きな彼氏と結婚したいけど、お金がないから結婚できない」と、もやもや悩んでいる場合には、デヴィ夫人の言葉は胸に刺さるのかもしれません。結婚したい20代ならば、年収1憶円とはいわずとも、その彼に固執せず、次にいったほうがいいのかもしれない。じゃないとタイミングを逃したまま、どんどん大人になってしまう……。

愛情とお金のバランスの悩ましさ

1 2