コラム 不要不急の外出自粛要請も、リモートワーク認知拡大にはつながらない?各社の事情~その2~

新型コロナウイルスの感染に怯える人々が増大し、外出自粛ムードが広がっている今日この頃。せめてリモートワークのよさが浸透すればと思うものの、その気配ゼロにもやもやしている今週の「女のもやもやセラピー」。その2では、あずき総研がリサーチした各社のコロナ対策事情をご紹介します。「コロナ怖い……」だけが蔓延中……のその1~はコチラ

☆☆☆

「今現在は、中国に関連する支社やグループ会社への対応だけですね。その内容も中国出張の中止と、日本に一時帰国している駐在者は現地に戻らないことという通達だけ。ほかの社員に対しては時差出勤の推奨と、あと有給消化の推奨(笑)。え、この時期に有給を消化させようとするって、うちの会社ってむごくない?って思います。だって、どこかに出かけられる気持ちにもなれないし、会社が得するだけじゃないですか(笑)。えげつないなぁって思いました。なので私は普通に出社しています。せめて自宅作業にさせてくれたら、出勤時間が省けて効率いいのにって思いますけど、うちの会社のシステムって社外からつなげることができないんです。なので自宅だとパソコンでの企画書づくりとか表計算とか、やれることが少ないから現実問題としてムリなんですけどね……」(メーカー勤務 ・32歳)

「うちの会社はリモートワーク“推奨”です。政府からの外出自粛を求める発表があったときに、今後在宅勤務になる可能性が高いから、作業中の資料をすべてドライブにアップして準備しておくようにっていう通達がでましたけど、未だ決定にはなっていません。推奨レベルだと、やっぱり出社しないとな……っていう気分になってしまうんですよね。実際に在宅勤務になってしまったら仕事が捗るのかなぁ、っていう不安もあって。家にいたら、やっぱり家のことが気になって、家事とかしちゃいそう(笑)。容量の大きいパソコンとか、大きい液晶モニターとか、座り心地のいい椅子とか仕事部屋とか、在宅勤務が楽々できるような環境が家に整っていたらいいとは思うんですけど、いきなり在宅でって言われても、そう簡単にはできないよっていうのが本音です」(IT関連会社勤務・32歳)

「弊社はまず、毎年主催しているクライアントのみなさんを招待する謝恩パーティーが中止になりました。こういう時期ですから、“行きたくないなぁ、でも仕事だからなぁ”とお考えになるゲストもいらっしゃると思います。なので、中止は悪くはない判断だと思うのですが、その一方で、弊社が謝恩パーティーを不要不急のものと判断したと感じてもやもやするゲストもいらっしゃると思うんですよね。不要不急の選別って、その人の価値観が出るじゃないですか。この先、イベントや発表会などがどんどん中止になるんじゃないかと、ヒヤヒヤしてます」(広告会社勤務・30歳)

現場は休めない!?マスクするだけ?

1 2