コラム 人気アパレル会社社長のセクハラ“疑惑”、辞任しても腑に落ちないのはなぜ?~その2~

若い女性に人気のアパレルブランドを扱う会社の代表取締役社長による「一連の騒動でお騒がせしたから」辞任について、もやもやしている今週の女のもやもやセラピーです。その2では、あずき総研で働く女性にリサーチしたコメントを紹介します。~その1~はコチラ

☆☆☆

「私も似たような経験があるんです。第二新卒で、ベンチャー系の小さい会社に就職したんですが、そこで社長にセクハラされました。一緒に取引先に打ち合わせに行った帰り、満員電車の中で手を握られたんです。最初は痴漢かと思いました。

社長は大手IT会社から独立した40代で見た目はまぁチャラい感じなんですけど、仕事への情熱をめいっぱい語るような“松岡修造的社長”だったから、何やってるんだろうと思って社長の顔を見たら、私の手を“恋人つなぎ”して、ニコニコっていうか、ニヤニヤしているんですよ。ああ、私、誘われているんだってわかりました。

情けなかったですね。本当に。私のこと、こいつは部下だし、拒否らないだろうって思ったんだなっていうのもイヤでしたし、断りにくい相手を誘ってくること自体にも腹がたちました。悔しかったというのが本音でしょうか。

そのときは、私もニコニコ見返しながら、何事もなかったように1本1本指を外してやりましたが、その日から転職情報サイトに登録して転職しました。

今でも社長のこと、起業して会社をつくったこととか、それで成功したこととかについては、自分は叶わないし、優秀な人なんだと思います。でも、人間としてはクズたと思いますね。今回のアパレル会社社長もそうです。でも、世の中ってそういう人ばっかりじゃないですか。日本の未来は真っ暗ですよ……」(アパレル関連会社勤務・31歳)

「社長を訴えるって、クーデター起こすようなものですよね。被害にあった女子たちはものすごく勇気がいったと思うし、本当によくやったと思います。査問委員会まで行ったってだけでも、すごいと思います。査問委員会にも期待していたはずです。だからこそ、厳重注意で終了って、どれだけショックだったか……。社長だけでなく、会社そのものがこういう感じか……ってガッカリしたと思います。

こういうエロ社長って、ゼロじゃないじゃないですか。っていうか、本当によく聞く話です。そういう男をうまく懐柔して、自分が登りつめていくタイプの女もいるけど、それは本当にごくごくまれ。しかも、そういう女性は、本人もエロ社長と同類の、ビジネスで成功したい系ばっかりじゃないですか。目的のためには手段なんて選じゃいられない、みたいな。

ただ服が好き、ただ粛々と仕事をしたいだけ、働いたぶんのお給料の中でコンパクトな幸せで十分っていう子たちの方が圧倒的だと思うんですよ。エロ社長も社員に手を出すなら、相手を見極めるべきではと思います。何千人と社員がいるわけですから。そういう点でも自分の欲望だけに忠実で、女性をというか、人を舐めているんだなって思いますね」(IT関連会社勤務・34歳)

イヤと思ったらセクハラ!

1 2