コラム 妻と愛人、どっちが好きなの?東出昌大の謝罪会見「妻が傷つく」の真意って何?~その2~

先日、唐田えりかさんとの不倫騒動で謝罪会見を行なった東出昌大さん。会見を見た女性たちは、どう思ったのでしょうか。あずき総研でリサーチしたコメントを紹介します。~その1~はコチラ

☆☆☆

「妻が傷つくからっていう言葉を連発していたわりには、妻を傷つける会見だったと思います。結局、この人って、自分の子どもも産んでくれたし、自分の世話もしてくれるし、妻として杏ちゃんは好きだけど、若い子と恋愛したいってことですよね。お母さんになった杏ちゃんは必要、でも恋人も必要ってもう、いちばん最低なタイプと思いました。自分がそういう扱いされたら、本当に傷つくし、相手のことを好きだったらどうしていいかわからなくなります。杏ちゃんもそういう気持ちなんじゃないかって思うと胸が苦しくなる」(IT関連会社勤務・29歳)

「主に男性意見ですけど、世間って不倫はしかたがないみたいな感じじゃないですか。妻に謝ることがもっとも大切なことって言っていましたけど、逆に言えば、妻さえ許してくれれば不倫OKですよね、っていうように見えました。

確かにそうなんですけど、唐田さんのプライベートツイートが暴露されていたり、SNSでの口が軽い女が相手なうえ、ネットとかで東出の女グセについていっぱい記事などがあって、知ろうとすれば何でもわかっちゃうわけじゃないですか。知らなければシャットダウンもできますけど、そういうわけにもいかないですよね。

そういう状況なのに、不倫した夫を許さなければいけないというのも辛いでしょうし、許さないで離婚ってなれば、あんなに謝罪してるのに不倫くらいで離婚するなんて妻のほうも愛情が足りないっていう人がゼロではないですよね。杏さん、離婚するもしないも、どっちも地獄だろうなって思いました。気の毒です」(メーカー勤務・32歳)

仲良し夫婦のイメージはなくなった

1 2