コラム 安倍首相はお茶を飲みくつろぐ姿を動画配信して、誰の共感が得られると思ったんだろう~その1~

外出自粛の日曜日にSNSに投下された安倍首相のくつろぎ動画、ご覧になった堅実女子も多数いらっしゃると思います。

4月12日、安倍晋三名義のTwitterとInstagramで公開されたくつろぎ動画のいいね数は現時点で、Twitterで40.1万。Twitterは“いいね”とリツイートしかできないですからね……という反論もできますが、1,8万人がリアクションしたFacebookの同じ投稿に「ひどいね」をつけているのは1,107人ですから、「なにこれ最悪」「え?バカなの?」という人よりも、文字通り「いいね!」と思った人のほうが圧倒的で、菅官房長官がこの動画についてコメントした通り、若者への外出自粛の呼びかけとしては効果があった……のですかね。

星野源さんの呼びかけで『うちで踊ろう』コラボのムーブメントが起こったとき、多くの有名人や芸能人が賛同し、無料でプロの仕事を見せてくれることに感謝と感動を覚えたわけですが、同時に、周囲では「ご本人も所属事務所も、あらゆる状況を想定して納得のうえ公開したのであろう」という大人っぽい会話がありました。

販売目的でない楽曲に著作権侵害うんぬんは発生しないでしょうから、どこぞやの団体が出張ってくることはないでしょう。その点は安心ですが、世の中善意の人ばかりではないわけで。ネットに公開すれば、どんな使われ方をされてもやむなしなわけで。もちろん、覚悟はあったはずです。なので、安倍首相がどんな使い方をしても、どうこう言う筋合いではありません。しかし、なぜ、この日本全体がひっ迫した状況下で、トップにある自分がくつろいでいる様子を見せるという発想になれるのか、まったく理解できません。

誰に踊らされているんだろう?

1 2