コラム 10万円の特別定額給付金、働く独身女性は何に使う?~その1~

ひとりに10万円、令和2年4月27日の段階で住民基本台帳に記載されている全員に給付されることが決まった特別定額給付金。ネットニュースで二重払いのミスがあった市区町村が報じられたり、SNSで入金された通帳の画像を公開している人がいたりと、すでに給付を受けた人もいることを知るという昨今ですが、何にどう使うということは、なかなか会話の話題にはあがりません。いまだコロナ感染に苦しむ人がいて、それに対応する医療従事者の方々が日夜問わず戦っているさなかに、「10万円、何に使おうかな~」などと語ることは、申し訳ないような、不謹慎のような気がするためでしょう。

特別定額給付が行なわれること、そして金額が決まる経緯の中では、「全国民に個別に給付を行なうことで、経済が動き、コロナ感染拡大防止のために不況となった業界への復興に繋がる」とか、貯金にまわってしまえば意味がないので、金券にすべきなどの意見の賛否がでたりなどして、「飲食や旅行、サービスなどに使うべきお金」というイメージもありました。

しかし、ふたを開けてみれば、総務省から公式に出た「特別定額給付金(仮称)事業の実施」要項にも「簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行なうため」とありますし、「本当に困っている人により早く給付を行なうために、急いでいない人は申請を遅らせて」といった市区町村長などからの要望がSNSに出たりすることもあって、「コロナ感染拡大防止のために収入減となった家計支援のお金」という様相になっています。

実際は生活費に使うのが圧倒的

1 2