コラム レジ袋有料化は本当にエコに繋がっている?働く女性たちの新・レジ袋事情~その1~

7月1日よりレジ袋が完全有料化

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどのレジ袋が完全有料になりました。数年前からおしゃれ主婦の方々を中心にエコバッグははやっていましたし、イケアは有料、コストコは使用済み段ボールを自由に使えるよう設置しているだけ。男性はわかりませんが、女性たちにとってはレジ袋を使わない文化、購入する文化はすでに浸透していたといえます。

しかし、レジ袋は便利です。筆者は買った商品を入れて持ち帰ったレジ袋を自宅のゴミ袋として使っていますが、生ゴミや透明の指定ゴミ袋にそのまま入れたくないものは多いです。エコバッグを使っていても温かいお弁当と汁がでやすい商品、冷たいものと一緒にして濡らしたくない新聞などの紙ものは、別々に持ち帰りたい、となるとレジ袋はやはり必要で、結局100円ショップでレジ袋をサイズ違いで束で買って外出時に持ち歩くという状況です。

これはエコなのでしょうか。

レジ袋を有料化した程度でプラスチック問題って解決するの?

経済産業省がレジ袋有料化の理由として挙げた3つのうち、廃棄物・資源制約には合致していないでしょう。なぜなら使っているから。では、海洋プラスチックごみ問題はどうでしょうか。有料化のタイミングで、コンビニなどでは海洋・土壌両方で生分解性があるとされるバイオマス素材を配合したレジ袋に変えたところもあります。それはある意味、有料化のおかげでしょう。しかし、筆者が購入した100円ショップのものがそれかどうか……。

もうひとつ、地球温暖化にもふれられています。プラスチックは石油製品であり、焼却廃棄するときにCo2を排出するというわけですが、我が家にはハイターや洗剤など、プラスチック容器に入っている消耗品がレジ袋以上に多くあり、数回詰め替えしたらボロくなるので処分してしまっています。正直、詰め替えがない商品も少なくありません。エコには程遠いと言わざるを得ない、という状況です。

そして、レジ袋が有料になって10日も経っていませんが、めんどうくささはちょいちょい感じています。

1 2