コラム 芸能人のYouTube参戦が激増したのはなぜ?都落ち感がなくなった理由~その2~

激増した芸能人YouTubeチャンネル。働く女性たちが一服の清涼剤として、さらには自分磨きのバイブルとして見ているものを紹介します。~その1~はコチラ

自分磨き目指す系

「私はジャンルで言うと教育系が好きです。もっと知識を増やしたいって思っているんで。とくに、オリラジの中田さんがやっている『中田敦彦のYouTube大学』は本当にためになるからおすすめです。『アメトーーク!』の勉強大好き芸人の中田さんの語り口が好きだって人は、ぜったいハマると思います。」(IT関連会社勤務・34歳)

「ローラさんがテレビに出てるときからずっと好きで、インスタもフォローしていたんですが、YouTubeが始まって、すぐチャンネル登録しました。とにかくアオシャレ。美容系の話題が中心ですけど、見てるだけでうっとりだし、ためにもなります。L.A.の家も素敵だし、なんかご本人と友達になれた気分を満喫できるんですよね。そこがいいです」 ( メーカー勤務・33歳 )

「柴咲コウさんのYouTubeが好きです。一挙一動が美しいし、暮らしのスタイルもナチュラルでエコで……女性として憧れているので、動画で所作を見ながら目指すべき女性像を学んでいるっていう感じです。柴咲家の自家製キムチを実際につくる動画もあって、自分でもマネして作りました」(派遣勤務・29歳)

「メンタリスト DaiGoのYouTubeは1本が10分程度でちょうどいいし、 ためになることをいっぱい言ってくれるので好きです。Voicyの流用だからYouTube動画って言えないかもしれませんが、キンコンの西野さんの『西野亮廣エンタメ研究所ラジオ 』 も好き。毎晩、聞きながら寝落ちするのが幸せです」(食品関連会社勤務・31歳)

「モデル時代から大好きだった、長谷川京子さんのYouTubeをチャンネル登録しています。なんか、お料理とかキッチン用品紹介しているだけなのに服がエロかったりして、おもしろいんです。あと、役のときよりも口調も雑で親近感がわくんですよね。写真集も買ったんですけど、魅力的な大人の女性って感じで憧れます。見習うために見ています!」 (派遣勤務・31歳)

1 2