コラム 「普通の結婚」って何だろう…?働く独身女子に訊いてみた~その1~

#普通の結婚 がトレンド入り

東京都足立区の白石区議が9月の区議会で発言したというコメントが報じられ、ネットで炎上、抗議の声が上がっています。

問題となったのは、「普通の結婚をして、普通に子どもを産んで、普通の子どもを育てることこそがすばらしいこと」「同性愛を法で守れば、次の世代に子どもが生まれず世界が滅びる」といった内容を含むもの。筆者も、何事も普通がいちばん、と思います。でも、区議が言う普通って自分本位で押しつけがましいし、まるで自分だけが正しいっていう感じに聞こえるし、世界が滅びることをマイノリティーのせいにしているような気がして、どうも共感できないんですよね。こういう人って、地球温暖化も自然災害も、ぜんぶ誰か、特定の人のせいにしそう。ああこれも偏見ですね。

世論の批判を受けて、所属する区議会自民党から本人に厳重注意があったとの報道もありましたが、当のご本人は、「発言撤回はしないし、間違っていないと考えている」そうです。「 LGBT を法で守ることは断固反対」。うん、78歳のおじいちゃんってもうホントにーーと言うとそれも差別でしょうか。頑固ですね。別に自分にも、ほかの誰にもなんのデメリットも生まないのに、ただ当事者がハッピーになるだけなのに、イヤなものはイヤ。

筆者がいちばん笑いそうになってしまったのは、毎日新聞の記事で「取材に対し白石氏は、“当事者が不快に思ったとてだから何。人によって受け取り方が違うし、私だって共産党の意見を聞いても全部不快だ ” と話した」とあったくだり。プンプンしているのが目に見えるようです。ほんと、男ってすぐ感情的になるのよねー、と言うのも差別ですよね。

何かの事象に対して、意見を言うのは自由です。守られた権利です。だから、区議だって、何を言ってもいいですよね。たとえ立場をわきまえていないとか、時代遅れだとかいう非難や反発を受けて嫌われたとしても、社会に受け入れられたいからって、思ってもいないことを言ってニコニコしていてもしかたがありません。この人はこうやって生きてきたし、これからも生きていくのでしょう。できるだけ関わりたくないなぁ、この人の発言力が大きいと息苦しいなぁと思いますが、筆者は足立区民でもありませんし、蚊帳の外です。タイプとして苦手だし、自分のまわりにいなくてよかったと胸をなでおろすのみ。

1 2