コラム 「また」キュンドラ2度目のヒロイン抜擢!そこまで重宝される上白石萌音の魅力とは~その2~

「普通の女の子」ヒロインを一手に引き受けている感のある、若手女優、上白石萌音さんの連ドラヒロイン抜擢から、「令和の普通の女の子」について考えている今週の女のもやもやセラピー。その2では、20代から30代の女性たちに聞いた、「上白石萌音さん演じる“普通の女の子 ” に感情移入できるのか」についてご紹介します。その1~はコチラ

できる派

「20代の女優って素朴な雰囲気の子が多いんですよ。 流行ってるっていうか。浜辺美波とか永野芽郁とか。単なる見た目だけで言えば、 唐田えりかだって素朴かわいい系だから。 個性的っていったら小松 菜奈ちゃんくらいだと思う。なので、素朴な子っていうところでは、共感できます」(ファッション関連フリーランス・28歳)

「いい子そうっていうのは絶対的にありますよね。どうして主役?ってのはわからないですけど、現場でも好感度が高いんだろうなって思います。とくにおじさんとかのウケとかよさそう。私は圧倒的に違う性格ですが、仕事がもらえる女の子のペルソナのひとつとして、インプットしておきたいタイプですし、こういう子がモテる、ってことを忘れないで日々を過ごすためにも、これからも、素朴で頑張り屋さんの役で活躍してほしいです」(広告会社勤務・25歳)

「“恋つづ”だけの話で言うと、あのくらいの素朴な役じゃないと、佐藤健のドSぶりが映えなかったんじゃないかと思う。なんか、コードブルーの山Pくらい、ボソボソしゃべる役だったじゃないですか。あそこに、洗練された華やか女子が入ったら、キュンキュンドラマにならなかったと思う。原作も好きですけど、別の作品として、素朴な女の子がエロい佐藤健の言動に戸惑ってるっていうっていうのは萌えました(笑)」(食品関連会社勤務・30歳)

「こういう子は、ずっと地味にヒロインをしていて、なんでこの子が?とかネットとかではアンチに意地悪とか言われ続けたりするんだけど、10年後くらいにいきなり垢抜けて、女子の憧れになるタイプ。間違いない。だって、正統派美人ではないけど、なんかかわいいし、演技上手だし。応援してます」(PR会社勤務 26歳)

1 2