コラム 渡部建の相手女性ならまだしも…宮崎謙介の不倫彼女がリークするメリットってなんなのか~その1~

宮崎謙介、2度目の不倫バレ

元イクメン推進議員でタレントの宮崎謙介さんがまたもやネットを騒がしています。「4年ぶり2度目」という偉業を成し遂げたときのような見出しは、なんのことはない不倫バレ。「不倫」ではなく「不倫バレ」。バレない不倫もあったのではないか、という疑惑がやんわりと浮かんできます。

1度目の出産直前不倫から4年。「不倫脳って治るんだな」とうっかり信じてしまう長さです。しかし、不倫脳ってそんな簡単なものではないんですよね。「結局、あの1回だけだった」となるのは命果てるまでで、「もうしない」が嘘になるかどうかは、生涯わからないものなのです。

奥さまの金子恵美さんが許し、せっせと『許すチカラ』を執筆しているさなか、本人は陰でせっせと女性をSNSで口説いているという状況を想像すると、どれだけホラーでサスペンスだよ、と思うのですが、それは無関係な人間の感情であり、人の家庭をどうこう言う筋合いのものでもありません。

世の中にはいろんな人がいるので、これからテレビに出たりすれば、その都度、発言などに対して批判する人もいるでしょう。とはいえ、犯罪ではありませんので、出す、出さないはスポンサーに決定権があります。「叱られれば反省した顔をしてまたやる夫」と「許す妻」という「夫婦売り」もニッチなビジネスですし、「そういう人」として受け入れて、それ以上にあるのであろう宮崎さんのよさやメリットを手放したくないというのであれば、奥さまの選択もありなのでしょう。

それにしても思うのは、なぜ相手の女性はリークしたのかな、ということです。

1 2