コラム コロナ禍の独身アラサーのマネ活は「悲惨な状況」~その2~

「マネ活したい」「お金を増やしたい」ーー働く独身アラサー女子の「お金事情」について紹介します。その1~はコチラ

増やせる話を聞いたら満足してしまった

「学校を出てからずっとリゾバでつないでいて、去年、はじめて正社員になりました。そしたら新型コロナでお客さんがすごく減って、勤務日数も減らされて。半年くらいお給料が月10万円くらいでした。でも、同棲していて、家賃とか光熱費とかは全部彼が払ってくれているので、40万円くらいは貯まりました。
マネ活は、私の薄給を知っている仲良しのお姉さんから、“最初NISA使って、アメリカのETFに毎月3万円ずつ投資し続けたら、60歳までにはめちゃめちゃ貯まるよ。若いんだからチャンスだよ ” って言われて興味をもちました。

そのお姉さんから“ネット証券で口座を開いてからNISAに申し込まなければダメで、ちょっと時間かかるからすぐ書類を準備しなきゃ ” って言われたんですけど、実は話を聞いた時点で、もう満足してしまったっていうか……。もともと、なんとかなるでしょ、みたいな生き方をしてきたので、あ、やっぱりなんとかなるんだなって思えてしまって。でも、お姉さんから呆れられてしまったので、“キリがいいから来年の1月からやろうと思います”って言ったんですけど、“あー、それ、やらないタイプだ”ってさらに呆れられてしまって(笑)。性格だからしかたがないですね」(雑貨店勤務・27歳)

1 2 3