コラム 目は離せないけど憧れてはいない……!?田中みな実が「独身アラサー女子の理想」でない理由~その1~

局アナから時代の「顔」に

新型コロナに始まり新型コロナで終わろうとしている2020年。独身30代にこの1年を振り返った印象を聞くと「第一線で活躍している人がやたら結婚したなっていう感じがする」という声が多いです。山本美月さん、成海璃子さん、石原さとみさん、そして戸田恵梨香さん……と、同世代の方々だけでもそうそうたる顔ぶれです。前年10月に結婚を発表したのち『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で大ヒットを打ち出した多部未華子さんも含め、主役級女優さんの立て続けの結婚は「仕事が忙しい、仕事が楽しい、タイミングがみつからないとかっていうのは、結婚できない理由にならないんだな」を痛感させられた「事件」でもありました。

自分自身、新型コロナという非常事態が「自分にとって本当に大切なものを気づかせてくれる期間になった」という実感があるだけに「同世代の芸能人だけでなく、リアル友だちもどんどん結婚していった。なのに自分は未だに“大事な人”が見えない。もはや“見える”自信がない」と我が身を憂う声も上がっています。

そんな中、独身でもっとも注目を浴びていたアラサー女性芸能人といえば、間違いなく田中みな実さんでしょう。

前年末に発売された写真集は発売1か月で50万部を突破。最終的には60万部超えとも言われ、2020年の写真集売り上げ第1位、歴代でみても宮沢りえさん、菅野美穂さんに次ぐ売り上げという業界的快挙には度肝を抜かれました。しかも、購入層は、同世代の女性が多いらしい。それはつまり、「好き」ということですよね。しかし、実際に聞いてみると「違う」「別に」という声が圧倒的。どういうことでしょうか。

1 2