コラム 目は離せないけど憧れてはいない……!?田中みな実が「独身アラサー女子の理想」でない理由~その2~

今年、もっとも注目されたアラサー独身芸能人「田中みな実」さんについて考えている今週の「女のもやもやセラピー」。その2では引き続き、アラサー女子の意見を紹介します。その1~はコチラ

安室ちゃんや深キョンは憧れるけど…

「正直、田中みな実はすごいと思います。ドラマの怪演とか、ぬぎっぷりとか。あそこまで振り切れるってすごいです。“守りに入らない”っていうのは、仕事でも強みになっているんだろうし、頑張ってるなぁとは思います。でも、ああなりたいかっていうと違うんですよ。

田中みな実って、なりふり構わずやっているところも、全部さらけ出してるじゃないですか。そういうのって、普通見せないものだし、見せちゃいけないものだと思うんです。安室ちゃんみたいに、陰でめちゃくちゃ努力していても、決してそれを見せないでエンターテインメントに徹するっていうほうが断然カッコイイし、そういうのを“憧れる”っていうんだと思います」(メーカー勤務・34歳)

「憧れるっていったら、深キョンです。なれるものなら深キョンになりたい。だってかわいいですもん。ぷにゅっとしていて、声も地声でかわいいし、深キョンになって『初めて恋をした日に読む話 』 に出て永山絢斗くんと横浜流星くんと中村倫也くんに好き好き言われる役やりたい。

田中みな実のカラダって、胸のサイズは憧れるけど、私にとってはちょっと鍛えすぎ。肌もテリすぎ。ボディビルダー的に体をつくり込みたい系の人はいいのかもしれないですけど、なんか人造人間ぽくて。努力してることは認めるし、エラいなって思うけど、理想ではないんですよ。でも、田中みな実のお墨付きコスメは使ってます(笑)。情報ソースとしては信頼しているんですよ」(IT関連会社勤務・36歳)

1 2