コラム 良いお年をお迎え…できる?コロナ禍の年末年始、働く独身30代の過ごし方~その1~

「よい年」を迎えられますか?

筆者はフリーランスなので、「仕事納め」という区切りがなかなかつけられないのですが、それでも、毎年は、会社員の方々から送られてくるこの文章を目にすると、部屋の大掃除やおせちの準備、からの『NHK紅白歌合戦 』 を見て『ゆく年くる年 』 で除夜の鐘を聞いて初詣に出かけて……などといった、忙しくも楽しい「年のお迎え」が頭に浮かび、自分も心を込めて「よいお年をお迎えくださいませ」と返信できました。しかし、今年は。もちろん、ご挨拶なので、大人のマナーとして、いつも通り返信しているわけですが、キーボードを打ち込むたびに、「よいお年……お迎えできるかな……」というもやもやが甚だしいのです。

12月28日からGoToトラベルキャンペーンも中断されました。 国からも「静かな年末年始」がいわれています。「Yahoo!ニュース みんなの意見」 の「年末年始の帰省について感染状況を踏まえてどうする?」(https://news.yahoo.co.jp/polls/)を見ると、29日の段階で、約10万人の老若男女のうち、7割以上が「感染の危険があるので帰省をしない」に投票しています(投票期間は1月31日まで)。ネットなどでは、年末年始、感染リスクが高い場所として、ATMやスーパーや銀行や郵便局なども上げられていて、もうほんとうにどこにもいけない状況。

ご家族と暮らしている方や恋人と同棲している方は「寂しい」ということはないかもしれませんが、独身ひとり暮らしの方々は、どのように過ごしているのでしょうか。

働く独身30代の年末年始の過ごし方は?

ということで、あずき総研では、独身ひとり暮らしの働く女性たちに、「年末年始の過ごし方」のアンケートを実施。集まったコメントを紹介します。その2に続きます。

帰省した実家のこれも楽しみのひとつだったのに。ひとり用こたつ買おうかな…
1 2