コラム 緊急事態宣言出てるのに…埋まらない、危機感「ある」人と「ない」人の格差~その2~

今週の「女のもやもやセラピー」は、働く独身女性たちに聞いた「現在のコロナ観」について紹介します。その1~はコチラ

感染対策を万全にして経済をまわすべき!

「 強制的に軟禁状態にされるっていうのはどうなんでしょう。キャバクラやホストクラブ、風俗やカラオケスナックなどで働いている人やそこの常連のお客さんには申し訳ないですけど、明らかに飛沫感染しやすい場所と、ない場所ってあると思うんです。

私は図書館とか映画館とかが対象になる理由がわからないです。人が集まるから感染が広がるんじゃなくて、飛沫が飛び交うからいけないんですよね?注意深く生きている人の生活やささやかな娯楽まで制限するのって変な気がします」(広告会社勤務・31歳)

「またか……っていう気持ちですね。新型コロナにかかった人のせいじゃない、新型コロナのせいだっていいますけど、感染した場所が忘年会や打ち上げだったりすれば、なんで今、そういうことするかな? もうちょっとやめてくれないかなって思います。そういう人はもう逮捕していいレベルと思う」(IT関連会社勤務・37歳)

「雑貨店で働いていますが、ほとんどお客さまはきません。毎日、ただ粛々と商品や什器をアルコールで拭いているっていう感じ。してもらえることがないから、アルバイトさんもお休みしてもらっていて、話し相手もいないし、仕事にも張り合いがありません。

緊急事態宣言が出る直前、気晴らしに県内にひとりで一泊旅行しようとしたら、母親に怒られて大ゲンカです。ちゃんと対策に取り組んで営業続けている旅館とか、本当にかわいそうだと思います」(ショップ勤務・31歳)

1 2