コラム 「一人暮らしには、かなりつらい……」2度目の非常事態宣言、独身30代の本音~その1~

緊急事態宣言、発令エリアが拡大

政府から1都3県に2度目の非常事態宣言が出されたのが、1月7日。 13日 には、栃木県、岐阜県 、愛知県 、京都府 、大阪府 、兵庫県 、福岡県 が追加され、11都府県となりました。また、宮崎県は1月22日までとして独自の緊急事態宣言を発令、その後国の期限と同じく、2月7日までの延長が決定されました。一方、沖縄県と茨城県も、県独自の緊急事態宣言を出しました。

前回のコラムで、新型コロナに対する危機感や行動制限の度合いといった個々の「コロナ観」に大きな格差が生まれているという指摘をしましたが、感染者数の拡大は収まらず、期限とされている2月7日で終わるのか、1回目と同様、じわじわと延長されるのではないか、という危惧が生まれています。

「自粛している」派もコロナ鬱の崖っぷち

全員が全員「非常事態宣言が延長なんかされるのは本当にイヤだから、とにかく今は自粛をしよう」という考えにシフトして、それが行動に反映されれば何の問題もないのですが、そうは簡単にいきません。

真面目に自粛をしている人たちだって、「こっちは 我慢しているのに、好き勝手に出歩いている人がいると思うと本当に腹がたつ」「もう自粛のモチベーションが保てない」 と、精神状態はギリギリ。国のエライ人たちが5人以上で会食してるというニュースが流れれば「ずるい」となるし、どんなに「人を憎まず新型コロナを憎め」と言われても、誰かが感染したと聞けば「ちゃんと予防しないで出歩いてるからじゃない?」と思ってしまう……。

一方で、ドラッグストアなどしか開けてないというドイツや無人化しているハワイなど、厳しく対策している場所ですら感染被害がなかなか収まらないとなると、「人の流れを止めること、ストレスを溜めながら自粛し続けることって 本当に 意味あるの?」という疑問さえ生まれてしまいます。

しかも、今回の非常事態宣言は、前回に比べて内容がふんわりしています。そして、実は独身者にきつい……。

1 2