コラム 自粛太りは免れない?それとも……緊急事態宣言下、ひとり暮らし女子のごはん事情~その2~

非常事態宣言でおうち生活がメインとなった働く女性たち。ひとり暮らしの食生活に起こった変化は?集めた意見を紹介します。その1~はコチラ

1回目は「ウーバーイーツ頼み」だったけど…

「1回目の非常事態宣言のときには、人には会えない、おでかけできないってなったらもう食にこだわるしかないと思い、タイとかインドとか、イタリアンとか、とにかく近所のよさげなお店 のメニューをかたっぱしからウーバーで頼んでました。ランチもディナーも。そのときは、家にいながら近所のお店を開拓できて一石二鳥!って思っていたんですが、1日5000円くらいになっちゃうし、一気に3kgくらい太っちゃって……。

お給料の半分が食費はさすがにまずいと思い、今回は2~3日に1度だけウーバーイーツに頼んで、運動がてら駅前の牛丼屋さんのチェーン店でテイクアウトとかをしています。そこはイートインは20時にしまっちゃうんですが、テイクアウトはもう少し遅くまでやっているので、けっこう会社帰り風のスーツの男性とかも多いですよ」(イベント関連会社勤務・31歳)

「実は去年から5kg太っちゃったんですよね……アラフォーならではの中年太りりもあると思いますが、最大の元凶はやっぱりコロナ禍だと思うんです。スーパー行くのもイヤだし、自炊もめんどうだから、家からいちばん近くのコンビニのレンチン食材ばっかりでしのいでたんです。

ただ、このままだと本当にまずいと思って、アレコレ考えて『ナッシュ』っていう健康食品の食宅サービスを利用することにしました。冷凍で食べたいときにレンチンするだけだし、送料込みで1食800円くらい。おかずだけなんですけど、糖質制限も考えられたメニューになってるし、味もおいしいし、複数の種類が食べられるのが嬉しいです」(IT関連会社勤務・36歳)

「1回目のときは、ストレスで食べることへの欲が消滅してしまって、ちくわとトマトジュースだけ、みたいな生活をしてたんです。そしたら、するするっと体重が落ちて、こりゃコロナダイエットだわ、なんて密かに嬉しく思ってたんですが、2度目の今回は、逆にストレスが食に走ってしまっていて。食べていないとイライラするんです。1日に3回くらいデリバリー頼んでいます。

ただ、土日とか、夜でもタイミング悪いと、“ライダーさんがいません ” ってなっちゃうんですよね……。そういうときは絶望します。なんか、世界に自分の味方がひとりもいない気分になってしまうんです」(メーカー勤務・31歳)

1 2