コラム 「エンブレム使用中止問題」で考えてみた、オフィスにいる感情的な人とのアラサー的付き合い方とは?

みなさまこんにちは。白玉あずきです。今週も女子の生態を見つめ続けているうちにうっかりアラフォー世代を迎えてしまったワタクシが、日常を送る中で澱のように溜まってゆく女の“もやもや”を抽出し、僭越ながら先輩目線でセラピってみたいと思います。

今回のテーマは「感情的な人」との付き合い方です。

「喜怒哀楽の波が大きければ大きいほど人生に厚みがでておもしろい」と言ったのは私の心の師匠です。「よく笑い、よく怒る女性は、既婚者でもよくモテる。モテるどころかプロポーズだってされちゃうんですよ」と教えてくれたのは、私が尊敬している取材力に長けたライターさんです。どちらも名言だし事実だと思います。感情が豊かな人は魅力的だし、感情を揺さぶられる毎日を送れることは素敵なことです。

でも、感情的な人というのは、感情が豊かな人という意味ではありません。ヒステリックな人ということです。

1 2 3