コラム コロナ禍で浮き彫りになった、婚活こじらせ女性の「結婚できない」理由~その1~

マッチングアプリ情報総合メディアの「マッチングアプリなび」が2月10日発表したアンケート調査によると、回答した18歳から49歳の女性325人のうち、「緊急事態宣言に伴う“恋愛・結婚”の意識の変化」として、「結婚願望が高まった」人が20.9%、「恋人が欲しい気持ちが高まった」人が24.9%。つまり、「なんらかのパートナーが欲しくなった」という人が約46%にあがりました。

コロナ禍で「結婚願望が高まった」独身女性が増えたそうだが……

43.4%は「特に変わらない」ですが、回答した325人はマッチングアプリ利用者なので、「そもそもパートナーが欲しいと思って活動していて、その気持ちは変わっていない」と考えられ、この回答だけみると「独身女性の約9割は恋人が欲しかったり結婚したかったりする」ということになりそうです。

その方々には、ぜひとも自分の希望を叶え、これからの人生も謳歌してほしいものです。

その一方で、注目すべきは、この、「昼夜問わず外出するな」「人と会うな」「外食するな」「親族や近所の人を呼んでの宅飲みも禁止」と、同棲カップルや同居する家族との関わりだけが優遇されているコロナ禍で「恋人は要らないと思うようになった」が6.5%、「結婚願望が低下した」が2.5%と、彼活、婚活への意欲が減退したという点です。

9%、ちょっと多く見積もって約1割。10人にひとりが、「もういいや」と思うようになったというのは、そういう人も「多い」といえるのではないでしょうか。少ないと言われたとしても、マイナーの立場を掬い取とっていちいち考えるのが、この「女のもやもやセラピー」です。

ということで、その理由はなんなのか、ひも解いてみましょう。

1 2