コラム 30代独身女性が男性から「好きなタイプ」を聞かれたときの正解~その1~

「恋人は欲しいけれど、好きな人ができない」「ダメな人ばかりと付き合ってしまい、結局長続きしない」なんていうとき、「まずは、自分が求める理想の条件を列挙してみましょう、そうすれば、おのずと自分のタイプの人だけが目に入るようになって理想の相手と出会うことが……」なんていう恋愛アドバイスもありますが、自分の好きなタイプを理解することってとても大切。女性同士の会話でも「どんな男性がタイプか」という話は、ネタ的にも盛り上がりますよね。

男性に好印象を与える「好きなタイプ」は、20代のときとは変わる

ですが、世の中に、「わずかでも恋愛対象となる可能性がある男性に聞かれたときには、自分の好きなタイプをそのまま公表してはいけない」という暗黙のルールが存在しているということも、全女子が理解していることでしょう。だからこそ、 20代の合コンや飲み会では、 「優しい人」だの「面白い人」だの「誠実な人」だの、絶対数が多そうで「まぁ、たいがい、そういう人をキライな人はいないよね」的な優等生解答で乗り切っていたはずです。

しかし、30代ともなると、それでは通用しなくなるようです。未熟な20代なら、言い方やかわいげだけで「そうかそうか」と聞き流してもらえた「優しい人」「面白い人」も、もはや言葉通りではなく、「(私は)優しくされたい」「(私を)楽しませてほしい」と読み取られ、承認欲求が強い女性なのではと勘繰られるケースも。「私のことを好きになってくれる人」なんて言わずもがな、です。

また「無難なところで、誠実な人、って答えたら、相手の男性から“今まで浮気される男とばっかり付き合ってきたの?”と聞かれて驚きました。なんだか、男性遍歴を探られてたみたいで不愉快でしたね。言わなきゃよかった」という声もありました。

さらには、「好きになった人がタイプ」という、鉄板と思われた解答も、30代~40代の男性からは、「30代にもなって、自分が好きな相手すら分析できないのは幼稚だと思う」「本人は気をもたせているつもりかもしれないが、好かれる努力を求められている気がする。そういうふうに言う女性は自分はパス」という辛辣な意見がありました。

実際、「好きになった人がタイプ」は、やんわりと「とにもかくにも、あなたは脈ナシです」をお伝えするときに使っている女性も少なくないわけですが、逆ギレめいた反応をされるのは意図するところではありませんよね。

ということで、20代で多用していた3大“万人受け”返答や「好きになった人がタイプ」発言は、30代になったら、最悪嫌われても自分の人生になんら影響がなく、どう思われても別にいい、と思える相手にしか使わないほうがよさそうです。

1 2