コラム 羨ましいのはお似合いだから、だけじゃない!30代未婚女性が新垣結衣と星野源の結婚に憧れる理由~その2~

「私は結婚すると、結局女性は、夫の世話係になるものだっていう気がして、それがちょっとひっかかっているんですよね。

相手の男性のほうも、結婚したら、世話をしてもらえると思っているんじゃないかなっていう気がして。そういう感覚が図々しいって思っちゃうタイプなんですけど、最近、それは、相手が同じ人間だと思うからなんじゃないかなって思い始めてきました。

今、いちばん仲のいい男性がひとまわり下なんですが、とにかくラクなんです。私の中に、この人は言葉も考え方も違うっていう前提があるから、同じベクトルになくて。それがとても心地いいんです。

正直、相手にも他人にも正直言えないですけど、私にとって、家で一緒に過ごせるのはペットのような感覚で一緒にいられる人がいいのかなって思ったり……(笑)。結婚してくれるなら、その彼と結婚したいです。ただ、相手の両親は嫌がるだろうなぁっていうのはわかっているので、難しいかなぁ」 (建築会社勤務35歳)
「勝手な個人的意見ですが、新垣結衣さんと星野源さんの結婚って、ストレスフリーな感じがします。新垣さんは、おっとりしてそうで、人にキーキー言うタイプのように見えないし、星野源さんは、とにかく新垣結衣さんがそこにいたらもうかわいいからアリ、みたいに思うんじゃないかなって(笑)。これは本当に妄想ですけど。

でも、私が結婚するなら、存在自体がもう大好き、それ以上何も求めないって思ってくれる相手がいいですね。家事とか、社会的常識とか、一般論とかを押し付けられたり、要求されたりしたくない。私の自由を奪わない人……。ふたりチームのひとりとして、必要なときは招集をかけ合えられる信頼はあるけど、基本的に干渉しあわないというのが理想です。

もちろん、だからといって婚外恋愛していいってことではなく、不倫も浮気もしないくらい、お互いが好きっていう前提ですが」(フリーランス 31歳)

☆☆☆

話を聞いていると、束縛しない、干渉しない、となれば心が離れていく……という一般論を超えていきたい、という思いが強いように感じました。筆者の年代(ひと世代前)だと、結婚生活はお互いに犠牲を払うことで成り立つ、みたいな感覚があったように思います。それができなければ破綻してしまう、という……。しかし、完璧ではない個々が「どっちもがまんしない」ということができるのであれば、それはとっても素敵だし、そうなら筆者も再婚したいなーと感じました。

お幸せに!
1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。