コラム 【もやもや】誰得? アラフォー総スカンのドラマ『オトナ女子』で再確認したい女性を輝かせる平山浩行のレフ板能力 その2

もやもやひらやま2

キラキラした人生を送りたいアラサー女子に、ぜひ恋愛対象相手として視野に入れて欲しいレフ板男子。
ただそっと隣に立つことで、あなたに掛かっている陰を払い、光を集めて当ててくれる存在です。

その頂点に君臨していると言っても過言ではないのが俳優・平山浩行さん。
アラフォー恋愛ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)で篠原涼子演じる主人公・亜紀にひと目ボレし、第3話で結婚を前提のお付き合いを申し込む地味なイケメン・池田優。名前からして穏やかでやさしそうなこの書籍編集者を演じているのが彼、その人です。

役者として10年以上のキャリアがあり、多彩な役柄を演じている平山さんのレフ板能力があますことなく発揮されているのがCMです。

そのことに最初に気づいたのは、チオビタドリンクのCMで菅野美穂さんの恋人役として出演していたときです。新作が登場するたびに出演秒数が増えてきましたが、はじめの数年はまともに写るのはほんの一瞬。それでも放たれる「なんかいい人そう」オーラ。「誰、このイケメン!?」と即座にネットで検索したのは、もちろん平山さんがステキだったからですが、それ以上に、そのCMのカンノちゃんがすんごいかわいく、幸せそうに見えたからです。

 ▶▶▶女性の幸せ度を引き上げるレフ板男子

1 2