コラム そのLINE続ける意味ある?30代独身女性の恋愛が結婚につながらない理由~その2~

連日LINEのやりとりをしたり、デートしたり、お付き合いめいた関係にはなるけれど、付き合ってるのかどうかもわからない、ましてや結婚なんて……どうやったらプロポーズしてもらえるの?という30代独身女性のエピソードを紹介します。その1はコチラ

「4つ年下の会社の同僚で、すごく私になついてくれる男性がいるんです。お酒が飲めなくて、そういう場も苦手って子だったんですけど、コロナ禍前の話ですが、私が仕事関係の人とサシノミするっていうと、心配だからと車で迎えに来てくれたりして。

一度、私が飲みすぎてしまい、家まで送ってもらったときに、本当にまったく覚えていないのですが、私が強引に関係をもってしまったらしく……。朝起きて、大後悔はしたのですが、その日から毎日、うちに泊まりに来るようになったんです。

私、そもそも人が自分の家にいるという状態がムリで、一生結婚はできないんじゃないかと思っていたんですけど、その子は、部屋で勝手にゲームをしてたり、一緒にアマプラで映画見たり、ごはん食べたりするのが、ぜんぜん苦じゃなかったんですよね。それで、なんか、こういう感じを“好き”っていうのかなぁ……って思うようになって。

で、イチャイチャしているときに、本人に言ったんですよ。“いやなところが全然ないんだよね、って。これって好きってことだと思う?”って。そしたら、腕枕してくれていた手を、頭の下からそぉっと抜かれて“そういうめんどうくさいこと言わないで”って(笑)。正直、ガーンでした。余計なこと言っちゃったなぁ……って。それきり、もう、好きとかそういう話はしていません。

始まりが去年の1回目の緊急事態宣言発令あたりだから、もうこの付き合いは1年くらいになりますね。今もほとんど夜はうちにいる状態なんですけど、関係はすごく微妙。基本名前で呼ばれることはなくて、会話のときにも私のことを“あなた”って呼ぶんですけど、たまに冗談ぽくですけど “ お母さん ” とか “ お姉さん ”とか呼ばれるし。会社の人には内緒にしているんですけど、学生時代の友達からは“その子、なんなの? 暇なの?”って呆れられていて。私だってわからないですし、ここからどう挽回すれば関係が発展するのか……もさっぱりです」(IT関連会社勤務 33歳)

1 2