コラム オンラインゲームでまさかの誤爆……。30代女性のコロナ自粛下反省記~その1~

「もはやコロナ禍で何もすることがなくなってきた」問題が、30代の働く女性たちの間に蔓延しています。リモートワークでメイク時間も通勤時間もなくなり、人と会ったりライブに行ったり、外食したりする機会も激減。

「アマプラもネトフリもYouTubeも見尽くして、もう見たいものがない。今は『名探偵コナン 』 の無料で見られるシーズンを流しっぱなしにしているだけ。もうたいがいコナンより先に謎が解ける」(メーカー勤務 31歳)

「友達とLINEしても、結局、話がワクチン接種だったりまん延防止法のもことだったりになってしまい、コロナ観の違いに気を配らないといけない。でも、それ以外に話すこともないからあまりLINEできない」(イベント会社勤務 33歳)

「初期のころはウォーキングしたり筋トレしたり、メイクの練習したりしてたけど、いつ外に出られるかわからなくなった今は、やる気にもならない。ただ太りゆく自分を漫然と眺めるだけの日々です」(フリーランス  34歳)

「今は、インスタにその日のコーディネートを投稿するだけで、フォロワーさんから“こんな時期にまだ出かけてるんですか?非常識ですね”などのコメントが入ってしまうから、いちいち、“撮影のためだけに外に出ました ” 的なことも書かなくてはいけない状態。旅行もしたいけれど、絶対にインスタには上げられないし、それじゃつまらないし、そもそも行けない。載せるものもなくなって更新が停滞気味。暇……とつぶやきながらナメクジのように生きています」(販売 31歳)


などなど、働く30代の独身女性からは「家にいるのはもう飽きた」の声があちこちから聞こえてきます。「家事には終わりがない」と言いますから、そんなに暇なら、隅々まで掃除したり片付けをしていれば、あっという間に時間が過ぎ、かつ、部屋もピカピカ、快適に過ごせそうですが「それは、そこまでやりたくない」ようです。それ以外にも「仕事に役立つ資格取得や投資などの勉強をする」「副業する」といった、将来性があり、有意義であろう時間の使い方も意外と不評。気持ちがクサクサしていることもあって「今、まさに、すぐに、楽しい気分になれるもの」しか求められていないのかもしれません。

1 2 3