コラム 宅飲みで泥酔、激恥LINEを送ってた……。30代女性のコロナ自粛下反省記~その2~

ワークシェアリングやワーク・ライフバランスなど、働きすぎの国民性を変えていこうという取り組みのさなかに起こったコロナ禍で露見した「私たちは時間がありすぎるとロクなことをしない」という真実。その2では引き続き、働く30代女性が「暇すぎて」やらかしたエピソードを紹介します。
その1はコチラ

「職場が時短営業になって私の勤務時間もどんどん減って……。連休明けには、月末には、来月にはなんとか……と思いながら、早1年がたってしまいました。さすがに何か、短期でも働ける仕事を探そうと思ったんですが、なかなかみつからなくて。結局家でダラダラ、ゴロゴロ過ごしてきてしまいました。時間がありすぎると、何もやる気が起きなくなるんじゃないですかね……。

ヘアサロンにもなかなか行けず、この1年、カラーリングも自分でしていたのですが、魔がさしてというか、仕事が始まったら絶対にできないことだからと思って、ハイブリーチをかけて髪の毛をグリーンにしてみたんです。そしたら、カビが生えたみたいになっちゃって……。そのときは泣きましたね(笑)。

すぐに黒く戻したんですけど、緑に黒を重ねたせいか重ーくなっちゃって。WEB飲みした友達には“妖気漂ってて怖い ” って」いわれちゃいました。今はカラーリングを繰り返して少しづつ回復にむかっていますが、今度は伸ばしっぱなしにしていた前髪が気になってしまって。つい、キッチンバサミで前髪を……(笑)。すっかり忘れていたんですが、私、生まれつき縮毛傾向で、まっすぐ髪が伸びていたのは、髪が長かったから、その重さで、なんです。眉毛の上で切ったら、もうあっちこっち収拾がつかなくなってしまって。友だちには“どっちの方向に進もうとしてるの? 〇〇のやりたいことがまったく意味不明”って大爆笑されてしまいました。私だってわからないです。有り余った時間ってほんと怖いです」 (飲食関連・33歳)

1 2