コラム 「彼の家族構成が複雑すぎて一員になれる自信がない」30代女性の婚活リアル~その2~

「好きな相手が見つからないから結婚できない」の先にある「好きだけど結婚できない理由」について考えている今週の女のもやもやセラピー。その2では、引き続き、32歳で好きな相手との結婚に二の足を踏んでいる里中アリサさんの話をご紹介します。
その1はこちら

里中さんが大好きな彼との結婚に踏み切れない理由とは?

「彼のご両親、離婚されているんですよ。それはまぁ、別に珍しい話じゃないと思うんです。そもそも沖縄県って、離婚率トップですし。ただ、その理由ってけっこう県民性に溢れているっていうか……。沖縄は群を抜いて互助の精神がとても強い気がします。

彼のお父さんは再婚されていて、彼の生家である離島の、彼のお母さんの家の近所に住んでいるんですけど、そのお相手の方との間にいる娘さんの世話を、お母さんもしているっていう状態で。なんかちょっとすごいなと。

で、彼のお兄さんは地元の幼馴染で同級生のシングルマザーとお付き合いしているんですが、まだお付き合いしているという私くらいの立場で、その人の娘さんのお誕生会に呼ばれちゃう、みたいな。そこに、お父さんも再婚した女性も、その娘さんも呼ばれちゃう、みたいな。いいんですけど、いいんですけど……って感じなんです。

さらに、彼には結婚している弟さんもいるんですけど、お子さんふたりと家族4人沖縄本島に住んでいるんですが、弟さんが奥さんから預かった保育園代をギャンブルに使っちゃって、仕事も辞めてしまって別居中で、どこにいるかよくわからないそうで。まぁ、お母さんは居場所を知っているみたいなんですが。それで、近所に住んでる私の彼が姪っ子ちゃんたちの父親代わりになっているっていう……(笑)。ちょっともう、なかなかなんですよ。

正直、人としては家族の皆さんも嫌いではないんです。生まれてこのかた、誰も彼もが関わったことがないタイプなので、失礼ですけど、おもしろいっていうか。私自身、視野の狭い都会の感覚で生きてきたんだなぁ、日本っていう小さな島国の中でも、いろんな人が生きてるんだなぁって思うんです。学びっていうか。

ただ、この中に自分が入れるのかなぁってやっぱり思っちゃうんです。実際、彼のまわりの既婚者って、全員が全員、奥さんが幼馴染だったり同級生だったり、友達や先輩の妹とかお姉さんとかなんです。そういう中に私、入れるのかなぁっていうのもあるし。彼はそういうのはどうでもいいことだよって言うんですけど、完全なアウェイですからね……。大丈夫っていう手ごたえはゼロなんです。

1 2