コラム 「自分が好きな人」と「自分のことを好きな人」どっちの結婚が幸せ?~その1~

今週の女のもやもやセラピーのテーマは、「結婚を“自分が好きな人” とするのと、“自分のことを好きな人”とするのとでは、どっちが幸せか」です。

そりゃ、バッチバチの両思いで、お互いが「もう、この人しかありえないー!」という感じなのが最高ですが、恋の天秤が完全に水平になるということは奇跡に近いことで、それを体感したことがある人とて、ほんの一瞬、短い期間であった……というのが人生でしょう。たいていは、「追いかける側」と「追いかけられる側」、どちらかのほうに傾いていることが多いものです。

そして、ゆらゆらしていても、傾いている状態でも、完全にどちらかが地面に付くことがなければ、「いいバランス」と評価されるものなのだと思います。

今、「パートナー(彼氏)が欲しい」「結婚したい」という気持ちを抱えつつも恋活や婚活に迷走している30代独身女性の多くが、「好きになれる人がいない」という、最初の段階でつまずいていたりします。これは、根底に「自分が好きな相手でないと、付き合っても結婚しても幸せにはなれない」という思いがあるからではないでしょうか。つまり「追いかける側」という立場です。

確かに、日々、仕事に自己啓発にと忙しい30代独身女性ですから、恋愛に割く時間も貴重。「好きでもない相手に自分の時間を費やすのはもったいない」と思ってしまうかもしれません。

だから、好きな人に出会いたい、でも、好きになれる人がいない。そうなると、「自分は本心では、恋愛したいと思ってないのではないか」などと、自分自身に対して猜疑的になって「であれば、自然と恋愛モードになるまで待てばいいか」という判断を下したりします。その一方で、「でも、人生は有限。のんびり構えていていいのかしら……」という気持ちも湧いてきて、結果、もやもやしてしまうのです。

これ、「自分が好きな相手でないとダメ、ムリ」「追いかける側でないと続かない」という初動の決めつけをなくせば、一気に解決するのではないでしょうか。

恋愛における男女の差異が語られる中で、相手に対する感情について、「男性は減点法で、女性は加算法」という話があります。これは、男性は「好き」のピークが手前にあり、そこから、どんな角度になるかは個人差だけれども、基本的には右肩下がりになり、女性の場合は逆で、右肩上がりの線を描くということです。

しばし、男性がどうだかはおいておくとして、少なくとも「好きな相手のことをどんどん好きになる」という感覚は、ピンとくる人が多いのではないでしょうか。女性は、相手のいいところを見つけやすい性質があるのでは、と思うのです。ということは、ゼロスタートでも、次第に好きになるという可能性は高いですよね。そうすれば、「自分が好きじゃなきゃダメ」という問題はなんなくクリアされるわけです。だってどんどん好きになっていけるのですから。

例えば、単に仕事でチームを組んだ相手にビジネスパートナー以上の感情が芽生えたり、キュンとしてしまうということがある人は「だんだん好きになれる」派所属だと思って間違いありません。 そう考えると、出会いの幅はどんどん広がっていくと思うのです。

では、「自分が好きな人」「自分のことを好きな人」両方受け入れられたとして、知りたいのは、「どっちの結婚のほうが幸せになれる?」です。

その2では 「私は自分が好きな人じゃなきゃ絶対ダメだと思って、大好きな人と結婚したのに……10年くらいで夫の事をどんどん嫌いになってしまった」というバツイチ女性や既婚者たちの意見を紹介します。 その2に続きます。

恋の天秤は水平じゃなきゃダメってのも思い込み

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。