コラム 旅行が楽しめない相手と結婚すると後悔する?「夫と旅行したくない」妻の事情~その1~

今週の女のもやもやセラピーのテーマは、理想の夫探しに奔走する30代女性に贈る「結婚相手の条件考察」です。

夫婦だったら旅行も一緒に楽しめる…はず!?

9月30日までという期間で、全国19都道府県で実施されている緊急事態宣言の解除が視野に入ってきた今日この頃。「ようやくか…」という気持ちを多少なりとも感じている人が多いようです。もちろん、感染予防自体は継続したままなので、いきなり“ウェーイ”となるわけにはいきませんが、お出かけや旅行が実質「解禁」になっていくかもしれない、というのは、何をするにも「これは不要不急なのか?」と自問自答を強いられたこれまでを振り返ってみれば「ホッとする」というのが正直なところでしょう。

どこに行こうか、何をしようか、と考えるのはそれだけでも楽しいものです。中途半端に中断した「GO TO トラベル」や「GO TO イート」の復活に期待する人もいるでしょう。しかし、どこに行くにも、何をするにも、同行する相手がいると…ちょっとやっかいなことにもなりかねません。

かく言う筆者も、宣言が出るたびに旅行の延期や中止を繰り返し、取り直しに次ぐ取り直しで同行予定者と揉めたり、ちょっとした口論になったりといったトラブルを何度か起こしてしまいましたが、周囲でも「コロナ観の違いで、国内旅行する、しないでケンカになったり、延期しているうちに別れてしまった。だから宣言が解除されても一緒に出かける相手がいない」(不動産会社勤務 30歳)、「解除される前に予約の相談をしないと、行きたいときに行けなくなるから予定を立てようって、同棲している彼氏に何度も言ってるのに、“大丈夫だよ”とか言いながらずーーっとネットでゲームしているのにうんざりです。今、すでにかなり嫌いになりかけている」(広告会社勤務 32歳)、といった、旅行に対する温度感の違いから男女関係に亀裂が入っているケースも散見されます。

結婚したらひとり旅も自由にできない…のが一般的。
1 2